これまで読んできた1400冊を全て記録している僕が、本当にオススメする「写真家が書いた本」

この記事では、フォトグラファーの僕がオススメする「写真家が書いた旅本やエッセイ本」を7冊紹介しています。写真集ではなく、文章を中心とした書籍となります。

 

このブログでは、「おすすめの本特集」をカテゴリーで分類していて、様々なジャンルの本を紹介しています。本が好きな方はぜひ読んでみてください

写真家が旅やエッセイをテーマに、文章を書いたオススメ本を紹介する

SOGEN

2005年から読んだ本を全て記録しています。その記録が1400冊を超えたので、本当にオススメする本について、ジャンルごとに紹介していきます。

今回は、そのシリーズ第1弾「写真家が文章を書いた本」について紹介します。

「写真家が出版した写真集」ではなく、「写真家が文章で表現した本」です。

いやいや、写真集を紹介してよ!と思う方は、以下の記事でオススメの写真集を詳しく紹介しているので、参考にどうぞ。

<おすすめの本を紹介した記事>
■第2弾は本当にオススメする「エッセイ」
■第3弾は本当にオススメする「サッカーにまつわる本」
■第4弾は心からオススメできる面白い「旅の本・紀行文20冊」
■第5弾は本当にオススメする「ルポタージュ」
■第6弾は本当にオススメする「日本の現代小説」
■第7弾は心からオススメする「家族愛を感じさせる写真集」
■第8弾は「旅をテーマとした写真」を撮りたいと思ったときに参考になるオススメの旅写真集12冊
■第9弾は誰かに贈りたくなるプレゼント本50冊
■第10弾はオススメの伊坂幸太郎作品ランキング・トップ10
■第11弾は「アラスカを旅した写真家・星野道夫の魅力とオススメの本・写真集」
■第12弾はオススメのシリーズ本「就職しないで生きるには」
■第13弾はオススメの「超ヤバい人(スペシャリスト)の本」
■第14弾は3歳におすすめの「子どもが何度も読み返すおもしろい絵本」
■第15弾は探検家・角幡唯介のオススメ本10選と3つの魅力を紹介
■番外編:心からオススメできる面白い映画12作品

どうして写真家が書く本をオススメするの?

どうして写真家が出版した写真集ではなくて、写真家が書いた本なの?

???

そうですよね、本業の写真集ではなく、文章で表現した本を紹介するのも、ちょっとおかしい話ですよね。もちろん、これには理由があります。

「写真家とは、見る仕事だ」と言った方がいました。

そこにぼんやりと存在する物事や心象を深く見ることで、その対象物を撮影する仕事が「写真家」ですよね。
ぼんやりと見ているだけでは流れていってしまう瞬間を見留めることから写真家の活動はスタートする、そんな話をしてくれました。

個人的には、写真家の書く文章はとても心に響く作品が多くあります。
それは、写真家の特性である「物事を見る力」が備わっているからでしょう。

よく見ることで、よく考えるようになり、それを表現する。
同じ風景を共有していても、より鮮明な解像度で見ることで、心象をより深く感じることができるというわけです。

これから紹介する写真家が書いた文章を、ぜひ読んでみてください。

「写真家が書いた本」からオススメの7作品を紹介

1.
ライド・ライド・ライド/藤代冥砂

ライド・ライド・ライド

SOGEN

藤代冥砂さんの著作「ライド・ライド・ライド」です。もしかすると、僕はこの本が世界で一番好きな本かもしれません。残念ながら今は絶版しているので、中古品でしか購入することはできませんが強烈にオススメです。

写真家の藤代冥砂さんは、まだ何者でもなかった若かりし頃に、世界中を旅した。
飛行機に乗り、バスに乗り、女に乗る。
愛する人と出会い、愛した人と別れ、また愛する人と出会った。

美しい景色の話など、なにひとつ書かれていない。
いろいろな人と出会い、心の浮き沈みを体験し、移動することこそが彼にとっての旅なのだ。

 

そして、その数年後、藤代さんは日本で結婚することになる。
愛する妻と結婚した様子を撮影した「もう、家に帰ろう」では達観したような、優しさに包まれた文章を書いた。


もう、家に帰ろう

 

「もう、家に帰ろう」など、藤代冥砂さんの作品については、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にどうぞ。

そんな藤代さんからはあまり想像できないちょっぴりセンチメンタルな描写も、若さと捉えればこの時期にしか書くことが出来ない特別な文章なのだと納得できる。

もしかすると、僕が世界で一番好きな本はこの本かもしれない。

 

ペギーと会うことは二度とないだろう。ユージンと会うこともないだろう。これから、二・三十年生きたとしてももう会えない人たちなのだ。
ペギーと交わしたキスは最後のキスだ。
たぶん生まれ変わったら忘れてしまう。だけど、生きているうちは、ずっと覚えているだろう。自分の娘が誰だかわからなくなるほどボケてしまったあとでも、きっと忘れないことがある。誰にでもそんな十日間があるはずだ。
あの、サイゴンでの十日間がなかったら、私の旅はもっと早くに終わってしまったかもしれない。つまり、生きることの意味の半分を失うことになっていただろう。そうだったとしたら、意味が半分しかない人生はどんなふうにすぎていったのだろう。
静脈を震わす青さに満ちた明け方の五分を知っていたとしても、ギターアンプから初めて音を出した時の喜びを知っていたとしても、それはとるに足りないことだ。どうでもいいことだ。
空港に向かう車の中での思いが好きだ。どんなに失っても、また何かが勝手に始まっていく。そんな、どうしようもなさが好きだった。

藤代冥砂さんのオススメの写真集も紹介しておきます。

 

2.
全ての装備を知恵に置き換えること/石川直樹

全ての装備を知恵に置き換えること (集英社文庫)

SOGEN

石川直樹さんの著作「すべての装備を知恵に置き換えること」です。僕が一番影響を受けた写真家さんです。毎年のように8000m峰にチャレンジしたり、気球で太平洋を横断しようとしたり、北極や南極へ行ったり、様々な地を旅しながら撮影を続ける写真家です。

僕は写真家の石川直樹さんがとても好きなのだけれど、その石川さんを好きになったきっかけは、この本からだった。
地図やコンパスなどを持たずに夜空に浮かぶ星と地形だけで航海を行うミクロネシアの旅、高校2年生のときに一人で訪れたインドへの旅、北極から南極までを自転車やカヤックなどの人力で移動したPOLE TO POLEの旅、文化も言葉も同じ土地が、国境という線を越えるだけで分断されることを実感させてくれる。

現在もなお旅を続けている石川直樹さん。
その旅は、垂直方向は8000メートルを超える山々であり、水平方向では北極や南極も都市も全てが旅の対象として活動している。

石川さんがまだ20代の頃に訪れた旅について、そして彼が旅を通して感じた世界との繋がりについて書かれているこの本は、写真家が写真では表現しきれない部分を愚直で真っ直ぐな言葉で鮮やかに描いてくれている。

僕は人が毎日を過ごしていく中で、ある出来事からふと感じる意識や気づきの部分をおもしろいと感じる。
この本には、そんな体験がつまっている。
旅を通して人が学んでいくことについて考えさせられる一冊。

 

美しいものを懐かしいと思うのは、太古の記憶と自分自身がどこかでつながっているからだろうか。

 

「全ての装備を知恵に置き換えること」の続編となるような「極北へ」については、豊作だった2018年のおすすめ本記事で詳しく解説しているので、参考にどうぞ。

 

また、石川直樹さんの本の書評記事もあるので、ぜひ読んでみてください。

 

3.
旅をする木/星野道夫

旅をする木 (文春文庫)

SOGEN

星野道夫さんの著作「旅をする木」です。アラスカを撮影した故・星野道夫さんの極上のエッセイです。この本を読んでアラスカを旅した日本人は、めちゃくちゃ多くいるはずです。

アラスカを愛し、アラスカに愛された写真家・星野道夫さんの代表作が「旅をする木」だ。

アラスカの絶対的な自然
太古の昔から変わることがないカリブーの大移動
人々が語り継いできた神話の世界
芯に刺さる言葉を持ったブッシュパイロット達
クジラやシロクマたちの不思議な行動
短い夏や長い冬の間に彩る春や秋の美しさと季節の移り変わり。

それらを温かく優しい言葉で、星野道夫が紡いでくれている。

この本を読んだ以前とこの本を読んだ以後で、なにかが変わった。
もしかすると、大袈裟ではなく、そういった人は多いのかもしれない。

ある人は仕事を辞めたかもしれないし、ある人は日常の尊さに気がついたかもしれない。
ある人は旅立ったのかもしれないし、ある人は日々の些細な変化に目を向けるようになったのかもしれない。

僕にとって旅をする木は、この世界を旅しようと思ったキッカケになった一冊である。

一年に一度、名残惜しく過ぎてゆくものに、この世で何度めぐり合えるのか。
その回数を数えるほど、人の一生の短さを知ることはないのかもしれません。
アラスカの秋は、自分にとって、そんな季節です。

時が過ぎていく儚さをここまで完璧に表現する文章を、僕は他に知らない。
この文章に出会えただけで、この本に出会えてよかったと思える。

星野道夫の旅をする木に、栞はいらない。どこから読んでもいいし、読まなくてもいい。
いつ止めてもいいし、何度読んだっていい。

星野道夫は、いつだって大切なことを伝えてくれる。
そして、大切なことは何度でも、伝えてくれる。
あなたが読みたいときに、読みたいページから読むことをオススメする。

アラスカの雄大な自然と星野さんの言葉を楽しんでみてほしい。

 

星野道夫さんについては、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にどうぞ。


悠久の時を旅する

 

4.
旅情熱帯夜/竹沢うるま

旅情熱帯夜 1021日・103カ国を巡る旅の記憶

SOGEN

今、「旅写真」の代名詞となっている竹沢うるまさんの著作「旅情熱帯夜」です。僕が世界一周をしていたときと同じ時期に竹沢さんも世界一周の旅をしていて、共通の知り合いも多く、親近感のある写真家さんです。

写真家の竹沢うるまさんが世界一周の旅をした際の写真や言葉をまとめた一冊。

竹沢うるまさんの書く文章や、些細な光を写し出す写真は、多くの人が何気なく見過ごしてしまう日常の出来事に、彼が気づき、足を止め、切り取っているからなのだと気づかせてくれる。

彼の著書を読むだけで、旅を通して自分との対話を特に深くしているのがわかる。

旅を追体験できるような、そんな一冊。

ちなみに世界一周の旅で、写真に特化した著書は「Walkabout」で、文章に特化した著書は「The Songlines」で読むことができる。
どちらもとても素晴らしい作品なんで、ぜひ読んでみてほしい。



何となく、この子に自分のこれまでの旅の話を伝えたくなった。
列車をいくつも乗り継ぐと、その先に自分の知らない世界があり、またさらにバスを乗り継ぐと、どこまでも行くことができる。
山を越え、海を渡り、砂漠を歩き、川を下る。
そこには見知らぬ人々が住んでいて、聞き慣れない言葉を話し、不思議な伝統とともに生きている。
そこに知らなかった価値観があり、幸せがあり、また危険がある。
それをひとつひとつ経験して、一歩ずつ進む。
そんな冒険譚を、話したくなった。

 

「旅情熱帯夜」については、「オススメの旅本」の記事で詳しく解説しているので、参考にどうぞ。

5.
父の感触/小林紀晴


父の感触

SOGEN

小林紀晴さんの著作といえばバックパッカー時代にアジアを旅した日本人を撮影した「アジアンジャパニーズ」が有名ですが、今回はあえて「父の感触」を紹介します。小林さんの乾いた文章がとても好きで、「写真家の文章」と聞くと、小林さんの顔が浮かびます。

ASIAN JAPANESE―アジアン・ジャパニーズ〈1〉で有名な小林紀晴さんは、「写真学生」という自伝的小説も書いていて、文章を得意とする写真家である。

 

小林紀晴さんについては、オススメの現代小説でも紹介しているので、参考にどうぞ。

 

乾いた文体で淡々と進んでいく描写の中で、ふと心が揺さぶられる感覚を感じる。
モラトリアム期の「なにものかになりたいけれど、どうしようもない悶々とした感情」を表現することが本当に上手な写真家だ。

父の感触」は、二つの場面が行き来して進んでいく。
ニューヨークでテロが起きた9.11の瞬間にニューヨークにいた筆者の喪失と、父の死にともなう喪失。

二つの喪失を通して筆者が語ること。
小林さんの文章は、心の隙間にひどく響く。

心配するより、される立場にあることは間違いない。
なのにYさんはそのことに気がついていないかのように、お母さんのことをしきりに心配している。
人は人を想い、人を案ずる。

 

6.
そして、僕は旅に出た/大竹英洋


そして、ぼくは旅に出た。: はじまりの森 ノースウッズ

SOGEN

土門拳賞を受賞した大竹英洋さんの著作「そして、僕は旅に出た」です。土門拳賞を受賞した写真集「ノースウッズ─生命を与える大地─」の旅を文章化した書籍です。

だれもが、何者でもなかった頃。
一人の偉大な写真家は、写真家に憧れるただの旅人だった。

導かれるようにノースウッズの森にたどり着き、人々と出会い、写真を撮る楽しさを感じていった著者。
大きな流れに乗ることで、偶然が必然であるかのような不思議な出会いがやってくる。
そんなことを感じさせる一冊。

そのノースウッズの森をまとめた写真集「ノースウッズ─生命を与える大地─」を合わせて読むと、大竹さんの苦悩や息遣いよりリアルに感じることができる。


ノースウッズ─生命を与える大地─

大切なことは、なにを見ようとしているか、その心なんだよ。こうして並べると、きみがなにを見つけようとしていたかがわかる。花や動物ばかりに目がいきがちだけどね。水滴や雲、森のシルエット、さまざまな色にも反応している。
わたしは、そんなきみの視線がとても好きだ。

「そして、僕は旅に出た」については、2018年に読んだ本の中からオススメ第四位にランクしているので、参考にどうぞ。

 

7.
なんで僕に聞くんだろう/幡野広志


なんで僕に聞くんだろう。 (幻冬舎単行本)

SOGEN

幡野広志さんの著作「なんで僕に聞くんだろう」です。CAKESというwebメディアで大人気だった幡野さんの人生相談を書籍化した本です。

著者の幡野広志さんは、写真家で元狩猟家でガン患者なのだが、タイトルの通り「なんで僕に聞くんだろう?」と思うような質問が多数寄せられていく。

不倫をしています、親と折り合いがよくありません、虐待を受けています、親を説得して一人旅に出たいんです…

多様な質問に、幡野さんが新しい視点を加えながら答えていく本書は、きっとあなたの思考を広げてくれる。

コミュニケーション能力が低い人ってどんな人を想像しますか?ぼくはなんとなく、人と目が合わせられないとか、消極的で相手との距離感が遠い人を想像していました。
でもここ1年でたくさんの人とお会いしたり、メッセージやメールなどのやりとりをしたりして感じたことなのですが、本当にコミュニケーション能力が低い人というのは、相手との距離感が遠い人ではないんです。相手との距離感が近すぎる人のほうが、むしろコミュニケーション能力が低い人なんだとおもうようになりました。

すでに1年以上説得を試みてて、納得しないならまず無理だよ。勝手に行くか、行かないかの二択。責任は自分しかとれません。
親はもちろん、周囲の人間全員にいい顔してもらうことなんて不可能なの。そんなことよりも自分がいい顔になることを考えなくちゃ。

目的地に行くことが旅ではありません、出発地から乗り物に乗って、出会った景色や食べたご飯、感じたこと、無事に帰宅するまでを描いた線が旅なんです。だからおなじ目的地でも、まいかい違う旅になります。だから旅はたのしいの。

しあわせの価値観というのは人それぞれなんだけど、なぜか自分のしあわせの価値観を人に押し付けてしまうんですよね。
しあわせの価値観をいちばん押し付けてくるのが、親だったりします。子どものしあわせに向かって親が伴走するならいいんだけど、子どもの首に縄をつけて引きずりまわす親はわりといる。でもそんなことをすれば、子どもは自分のしあわせを捨てて、親の顔色をうかがうだけです。

ただ、あなたにとってのしあわせは、他の誰かにとってはしあわせではないかもしれません。それくらいしあわせのかたちというのは多種多様です。結婚とか出産とか、ドラマが描くようなしあわせのかたちがあるけど、それが日本人全員のしあわせとは限らないです。

重たい内容もあって、一気に読むと少し疲れるので、少しずつ、あなたが読みたい時に読むことをオススメします。

 

「なんで僕に聞くんだろう」の続編である「他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。 なんで僕に聞くんだろう。」についての紹介記事があるので、参考にどうぞ。

表現豊かな文章を書く写真家の本:まとめ

写真家が書いた文章は、感情を揺さぶられる作品が多くあります。

今回紹介した藤代冥砂、石川直樹、星野道夫、竹沢うるま、小林紀晴、大竹英洋、幡野広志は文章もよく書いているので、今回紹介した本以外にも読んで頂ければと思ういます。

それは、写真家が普段では見過ごしてしまうような決定的瞬間に目を留め、写真に撮る作業をしているから。
写真に撮っていた作業を、作業を文章に起こすだけで、やっていることが似ているからに感じます。

大切なことは、撮りたい(書きたい)と思った被写体に気づくことですよね。
その表現方法がカメラなのか、文字なのかの違いなのだから、確かにいい文章を書く要素は揃っているのかなと感じます。

写真家の文章作品。
ぜひ読んでみてください。

■第1弾は本当にオススメする写真家が書いた本
■第2弾は本当にオススメする「エッセイ」
■第3弾は本当にオススメする「サッカーにまつわる本」
■第4弾は心からオススメできる面白い「旅の本・紀行文20冊」
■第5弾は本当にオススメする「ルポタージュ」
■第6弾は本当にオススメする「日本の現代小説」
■第7弾は心からオススメする「家族愛を感じさせる写真集」
■第8弾は「旅をテーマとした写真」を撮りたいと思ったときに参考になるオススメの旅写真集12冊
■第9弾は誰かに贈りたくなるプレゼント本50冊
■第10弾はオススメの伊坂幸太郎作品ランキング・トップ10
■第11弾は「アラスカを旅した写真家・星野道夫の魅力とオススメの本・写真集」
■第12弾はオススメのシリーズ本「就職しないで生きるには」
■第13弾はオススメの「超ヤバい人(スペシャリスト)の本」
■第14弾は3歳におすすめの「子どもが何度も読み返すおもしろい絵本」
■第15弾は探検家・角幡唯介のオススメ本10選と3つの魅力を紹介
■番外編:心からオススメできる面白い映画12作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です