本屋大賞を受賞した瀬尾まいこさん、角幡唯介さんの本がおもしろい

2018年末に本当に読んでよかったオススメ本11【2018年版】という記事を書いた。

【2018年】本当に読んでよかったオススメ本ランキング11

2018年に読んだ本の中で私がベスト3に挙げた本が、本屋大賞ノンフィクション大賞を受賞した。

瀬尾まいこさんの「そして、バトンは渡された」、本屋大賞ノンフィクション大賞が角幡唯介さんの「極夜行

それぞれ私が昨年末にランキングした2018年のトップ3だった。

オススメの本を紹介する

2018年は年間102冊の本を読んで記録したが、その中からマイベストの3位と1位が評価されたことは、どういう目線から嬉しいのかよくわからないが、やはり嬉しく思う。

こうなってくるの2位の本はなんなんだと気になる方もいるかもしれないので紹介すると、中村安希さんの「ラダックの星」という本が第2位だ。

ぜひ読んでみてほしい。

あなたのオススメの本を紹介してほしい

以前の記事にも書いたが、私は15年前から毎年100冊近い本を読み、それらを記録し、そこで心に残った文章を記録してきた。

15年前から私が本を読んだら必ず行っている2つの習慣

しっかりと見返せばきっとあなたに合ったおもしろい本を紹介することができる。
今後も、そんな本を紹介した記事をいくつか書いていこうと思う。

これまで読んできた1200冊を全て記録している僕が、本当にオススメする「写真家が書いた本」

これまで読んできた1200冊を全て記録している僕が、本当にオススメするエッセイ

本や映画は人それぞれ好みがあるので、全ての人にとって絶対的に面白いものは存在しないだろうが、僕がオススメした作品を同じように好きだという人は、あなたのオススメをコメントに書いて紹介してほしい。

僕もその感想をこのブログに書きたいと思う。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です