旅する本に出会った奇跡的な出会いの話

旅先に持っていく本

本を読むことが好きだ。
僕が長い旅に出ようと思いたった背景には、本の存在がある。
星野道夫、石川直樹、藤代冥砂、近藤篤、小林紀晴。
どういうわけか、写真家が旅について書いた文章を読むことが好きだった。

**************************
旅のエッセイ:始まりは、いつも外の世界を知ろうとすることからだった
旅のエッセイ①:旅する本に出会った奇跡的な出会いの話
旅のエッセイ②:生まれて初めて映画館で映画を見た記憶
旅のエッセイ③:人と人が繋がる場所は世界中にあったという話
旅のエッセイ④:僕が旅に出る理由
旅のエッセイ⑤:世界一周を終えて3年間旅をしなかった理由と、3年後に旅をして感じたこと
旅のエッセイ⑥:旅について考えてみた。旅に物理的な距離は必要なのか?
旅のエッセイ⑦:「また会おう」と握手した。「元気でいてね」とハグをした。
旅のエッセイ⑧:台湾と聞いて連想する「ツボとハナと夢」
**************************

旅先で交換する本。本も旅をしている。

今から10年ほど前の話になるが、1年半くらいの時間をかけて世界各国を巡っていたことがある。
当時はまだ電子書籍が流通していない時代で、とにかく日本語の文章を読むことに渇望していた。

揺れるバスの中、小汚いゲストハウスのベッドの上、目の前に海が見えるテラス。
出発前に散々吟味した2冊の文庫本は、異国を旅する僕に安心感を与え、次の目的地へと導いてくれた。

長い旅を続けていると、やはり異なる本を読みたくなる。
旅先で出会った旅行者同士で読み終わった本を交換することは、よくあることだ。

日本で吟味して選んだ本を、別の旅人が持っていた本と交換する。
僕たちは新しい本を手に入れ、新しい文字を読み、新しい知識を得る。世界各地でそのサイクルは繰り返されている。

つまりは、旅行者と同じように、本も旅をしているわけだ。

旅先で本を交換する

2010年10月、ハンガリーのブダペスト、トルコのイスタンブール以来これが3度目の再会となるモミ君と、ヨルダンのアンマンで1冊の本を交換した。
僕は他の旅人からもらって読み終わっていた本を渡し、モミ君からはジョージ・オーウェルの「1984年」をもらった。
本をパラパラとめくると、文字にはところどころ線が引いてあった

「モミ君、この文章のどこに惹かれたのかなあ」なんてことをぼんやりと考えながら、アンマンの薄暗い部屋のベッドの上で、静かに本を読んだ。

ガラパゴス諸島にたどり着いたとき

月日が流れ、僕はジョージ・オーウェルの「1984年」をケニアで別の旅人に渡し、代わりに新しい本を手に入れた。いつもの流れで、なんとなく、当たり前のように本を交換した。

アフリカ大陸を旅しモロッコにたどり着いた僕は、ジブラルタル海峡を渡ってスペインに入国した。
アフリカでは野生動物を堪能し、モロッコではサハラ砂漠の静けさに感銘し、スペインではおいしい食事に心が躍った。
そして、スペインから大西洋を渡って南米大陸へ向かった。

2011年5月、僕はガラパゴス諸島のイザベラ島にいた。
数人の仲間と宿の部屋をシェアしながら、一緒にガラパゴス各地を旅した。
丘を登れば人と同程度の大きさに育った野生のカメが森の中で生息していたり、海に入るとアシカが遊びに寄ってきてくれる、そんな不思議な島々だった。

線の引いてあるジョージ・オーウェルの1984年

ガラパゴスの旅が終盤に入り、ベッドの上で休憩していたときのこと。

ふと、横を見ると、同じ部屋で宿泊していたシンジ君が、数冊の本を広げていた。その中に「1984年」があった。
なにかゾワゾワとした感覚があった。

「以前にモミ君と1984年を交換したんだよね」
僕は、気になってシンジ君にそう伝えた。
シンジ君もトルコでモミ君と出会っていて、偶然にも数日前にモミ君の話を二人でしたばかりだった。旅で出会った仲間のネットワークは、意外と狭い。
出会った人に共通の友人がいることなんて、全く珍しいことではなかった。

「あ、そうなんだ。ちなみにこの1984年にはかなり線が引いてあるよ」

え?線? 耳を疑った。
同時に「やはり」という確信があった。

ジョージ・オーウェルの「1984年」にたくさんの線が引いてある、そんな偶然がそうそうあるはずがない。
パラパラと本をめくりながら、驚いて声を失った。それは紛れもなく7ヶ月前に自分が共に旅をしていた本だった。

この本はモミ君から僕へ、そして他の誰かへ、そんなことを繰り返しながら現在ガラパゴス諸島でシンジ君の手の中にある。
7ヶ月間、いや、もっと長い間、誰かのバックパックの中で、うだるように暑い中東やアフリカの大地を巡り、大西洋を渡って南米にやってきて、そしてガラパゴス諸島まで旅してきたのである。

想像する贅沢を感じること

このタイミングでこの場所にいなかったら、出会うことがなかっただろうと思うことがある。

それは、今後ずっと付き合っていく人との出会いなのかもしれないし、そこに行きさえすればなにか幸せな気持ちになれる場所との出会いなのかもしれない。
驚き溢れる景色や、人生を前向きにさせてくれる本や音楽と出会うことも旅先では珍しくない。
普段は何気なく通り過ぎていく出会いが、旅の間はより鮮明で印象的になる。
5年経った今でも、目をつぶれば時々あの旅での出会いを思い出し、ふっと力が抜ける。

「旅は至高の出会い系だ」と言っていた旅人がいた。
あの人、今どこでなにをしているのかな。
あの本、今は誰と旅を続けているのだろう。
あの場所は、今日も変わらずいつもの仲間が集まっているのかな。

出会ったことで、想像することができる。
そしてまた、会いに行くことができる。僕はまた、会いに行きたい。

今も「1984年」は世界のどこかを旅しているのだろうか。
そうであってほしい。
そんなことを、今日もふと考えるのだ。

9 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です