歴史的瞬間を目撃せよ!バスケワールドカップを見に行こう

バスケットボールが盛り上がっている

ちょっとマニアックな記事をひとつ。

きっと一般的にはあまりメジャーなニュースではないのだけれど、実は日本のバスケはかつてないほど盛り上がっている。

 

渡邊雄太が二人目のNBA選手として誕生し、きっと今後二度と現れないだろう日本史上NO.1プレイヤーの八村塁がアメリカの大学バスケで大暴れし、国内リーグであるBリーグは三年目を終えようとして順調に観客動員数を伸ばし、男子日本代表はワールドカップの出場権を手に入れた。

数年前の日本バスケ暗黒時代からは考えられないような盛り上がりを感じている。

Jリーグがサッカーにまるで興味のない人たちを取り込んでいったように、数年後にはスーパーサッカーのようなバスケ番組が地上波で放送され、日本代表に必要な選手を議論し、八村塁を語るようになるだろう。

その日が来るのをひしひしと感じている。
楽しみだ。

バスケ日本代表を応援したくなる3つのメディアを紹介する

日本バスケがワールドカップに出場する

そんなバスケットボールにおいて、8月末からバスケのワールドカップが開催される。

日本はアジア予選で4連敗からスタートしたものの、NBA選手になった渡邊雄太選手や、もうすぐNBA選手になる八村塁選手、元NBA選手のニック・ファジーカス選手の帰化によりドラマのように8連勝し、アジア予選を通過した。

 

面白いもので4連敗していた頃には自信のなさそうにプレイしていた選手たちが、勝つことで自信が生まれ、堂々とプレイするようになっていった。
スポーツはメンタルの要素が大きいが、この予選はまさにそんなことを感じた。

 

サッカーのワールドカップは出場が決まればニュース速報が流れるが、バスケのワールドカップ出場は全ての国民が知るようなニュースにはなっていない。
しかし、ワールドカップ出場が決まった一戦は、フジテレビで生放送されるまでには市民権を得た。

さあ、ワールドカップの本番。
日本でどんな変化が見られるか、楽しみだ。

チケットを取りたい方はコチラ
https://en2019fbwc.damai.cn/tickets-info

バスケワールドカップはいつあるの?

バスケのワールドカップは2019年8月31日〜9月15日まで開催される。

日本は9月1日にトルコと、9月3日にチェコと、9月5日にアメリカと対戦する。
NBAのスーパースターを多数有するあのアメリカと、日本が真剣勝負をする。

本当に楽しみだ。

バスケワールドカップはどこでやるの?

バスケのワールドカップは中国で開催される。

予選リーグは8都市(北京、上海、南京、武漢、広州、深セン、仏山、東莞)で行われる。

日本、トルコ、チェコ、アメリカが入るグループEの試合は全て会場は上海だ。

バスケワールドカップで日本はどこまで勝ち進めるの?

グループEの世界ランキングは以下の通り。

トルコ(17位)、チェコ(24位)、アメリカ(1位)、日本(48位)
世界ランキングからもわかる通り、日本はグループの中では一番格下だ。

ただ、日本は予選の途中で3人の選手が加わった。
今の日本は27位のイランを予選で下しているし、11位のオーストラリアも倒している。

番狂わせの起こりにくいバスケットボールでも世界ランキングがそんなに信頼のおける順位ではないのは同じで、今の日本は48位とは思えないくらい強くなった。

それだけに期待するし、試合の日が待ち遠しい。

バスケワールドカップはどうやって見るの?

放送はまだ決まっていないが、おそらくフジテレビ系列とdaznでは放送されるだろう。
もしかするとアメリカ戦は生中継されるかもしれない。

BSフジなんかでは、きっと放送されるだろう。
正確な情報が決まったらまたアップしたいと思う。

バスケワールドカップを僕はどうやって見るの?

さて、ここからが本題。

僕はこのワールドカップを、家族3人で現地観戦しに行くことにした。

チケットは公式サイトで既に手に入れていて、上海でのゲームを全て見られるcityパスを買った。

飛行機もマイルを使って既にとった。

あとは娘が体調を崩さずにその日を迎え、飛行機に乗るだけだ。

どうしてバスケワールドカップを現地観戦するの?

僕は小学校の頃からバスケットボールをしていて、今も細々と続けている。

もちろんプレイするのも好きだが、観戦することも好きで、Bリーグの試合はいつもチェックしている。

先日も娘を連れて初めて観戦に行ってきた。
娘は周囲の大きな声や音に驚いた様子で、最初は不安げに泣き顔でいたが、少し落ち着いた席に移動すると環境に慣れたのか、最後には眠っていた。

 

バスケットボールに携わってもう25年ほど経つ。プレイすることもあれば、観戦することもあった。その間ずっとバスケに関わり続けていた。

25年間見てきて、こんなにワクワクさせられる代表チームは初めてだ。

歴史的瞬間をこの目で見たい。
現地で味わいたい。

その一心で、僕は上海へ行くことを決めた

僕はそんなに物欲がある方ではないが、体験にはお金を使いたいと思っている。
歴史的な瞬間を体験することが、今から楽しみだ。

バスケ日本代表を応援したくなる3つのメディアを紹介する

<上海へ行く前日にキャンセルになった話>

バスケワールドカップを見に行く上海旅行前日に、全てをキャンセルしたことについて

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です