自分の人生は、自分で判断するしかない

今日は独り言のような、自分に言い聞かせているブログ。

これまでにない膝の痛みから気づいたこと

1月末くらいから膝が痛い。
歩くのは大丈夫なのだが、膝を曲げる動きをすると激痛が走る。
バスケットボールをしようにも、全ての動作で膝を曲げるのでシュートも打てないし、ディフェンスもできない。

しばらく安静にしていると治るかもしれないと淡い期待を込めて二カ月ほど運動を避けてみた。だが、治るどころか慢性的な痛みになり、今も症状は変わらない。

たまらず先日ようやく整形外科へ行った。
レントゲンとMRIまで撮ってみたが、結局医師にも理由はわからなかった。

これだけの激痛なのでなにかはあるのだろうが、原因は医師にもわからないそうだ。

と、ここまで書いてきたが、果たして僕の痛みと生活の苦労を理解できる人はいるのだろうか?

きっといない。
大変だね、と思うことはあっても、人は他人の痛みを本当に理解することなんてできない

そこに、人生の本質があるような気がして今日は文章を書いている。

人は人の痛みや苦労や真剣度なんてわからないい

人が他人の痛みを理解できないように、人は他人の疲労も、夢への真剣度も、愛の深さも、わからない。感じ取ることはできるかもしれないが、それが正確かなんて誰にもわからない。

「愛してるよ」なんて言ってる時にもしかしたら「ああ、これでこの子を落とせるな」と頭の中で考えているかもしれないし。

それがいけないとか寂しいとか言っているのではなくて、人の感覚なんて誰にも理解できないのだから、自分のことは自分で判断するしかないよなとシンプルに思うのだ。

だから、決断するということを大切にしなければいけないと感じている。

自分のことは、自分で判断するしかない

人は他人の人生に責任をとることなんてできない。痛みや感情や人の感覚なんて誰にもわからないのだから。だから、繰り返すが自分のことは自分で判断するしかない。

僕が仕事を辞めて世界を旅すると決めたとき、これから給料が上がるんだからもう少し落ち着いてからいけばいいと知人は言った。

彼女と結婚しないのは不誠実だし、子どもは産んだほうがいいし、マイホームは買うべきだと先輩は言った。

タビノコトバみたいな企画をしても全然売れないから、もっと売れるものを作ったほうがいいよと伝えられた。

あなたは、あなたの気持ちを大切にするだけでいい

当たり前だけど行動に正解はない。
未来なんて誰にもわからないし、常識や幸せの形なんてそれぞれ違うんだから。

だから、あなたがなにかに挑戦したいと思ったときや、どうしてもやりたくないと思った時に、良かれと思ってアドバイスをしてくる人のことは話半分で聞いておこう。
そして、「すべき」とか「しなければならない」とか、shouldやmustは疑ってみよう。

 

僕の膝の痛みをわからないように、あなたが挑戦したい気持ちなんて人にはわからない。

あなたが、あなたの気持ちを大切にするだけでいい。
遠回りしながらでも自分の判断にしたがって行動すれば、例え上手くいかなかったとしてもきっと納得できるでしょ?

 

やりたいと思った時や、やりたくないと思った時に、周りが良かれと思って助言してきたとしても、そんなもの聞かなくていいんだよ。
自分の人生だし。

 

とりあえず僕は、膝が痛いから医者の言う通り、安静にしておくけど。

 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
<日々考えたことを書いた記事をまとめました>

日々考えたことの記事は埋もれてしまうので、メニューにまとめることにした


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です