旅で出会った友人と再会し、やり残しや後悔のない生き方を考える

長い旅で出会った友人と、久しぶりに再会した

2010年から1年半ほど世界を旅した。
その時に出会った友人と久しぶりに再会して話をした中で、友人たちは「やり残しや後悔のない生き方をしている」と強く感じた。

僕はやり残しや後悔のない生き方はなかなかできないので、単純にかっこいいなあと感じる。

友人たちが、どんなことを考え、どんな行動を起こしているのかについてシェアしたい。

旅で出会った友人について

旅で出会って連絡先を交換した人たちはけっこういるが、今でも頻繁に連絡を取り合う人はそんなに多くない。

だけど、連絡をとりあっている旅人との繋がりは濃くて、随分会わない時間があっても会った瞬間に昔の感覚に戻ることができる。

そういえば、僕が企画しているタビノコトバも旅で出会った友人たちとなにか楽しいことがしたいと始めた企画だ。

タビノコトバとは?
「旅」をテーマに文章を公募し、冊子作成・展示会を開催する企画。
2016年に第1回東京展、2018年に第2回鎌倉展を開催。
旅のエッセイ・詩・手紙など多岐に渡る文章を掲載した冊子を作成・販売。
http://tabinokotoba.com/

タビノコトバのメンバー以外にも気の合う旅人はいて、先日2年ぶりに会った。

旅の中でやり残したことは1つもない

その時に会った友人二人が「旅の中でやり残したことは1つもない」とキッパリ言っていた。

もう行きたいところも、旅でやりたいことも特にない。
気になったことは全て自分で決めて、自分でそこへ行って、やってきた。
だから、もうどこにも行く必要なんてない。
ただ、もう一度行かせてもらえるならば、お世話になった方にお礼参りをしに行きたい。

そんな話をしていた。

長い旅をしたことがある人で「旅をしたことに後悔はある?」と聞かれて「後悔している」という人に会ったことはないが、「これをやってみたかった」とか「ここは行けなかったから行ってみたい」という人は多いように感じている。

僕もそうだ。

例えば「観光地等は行かなくていいけれど、写真を撮ることを目的にした旅をしたい」なんかは、今でも思う。

だけど、先日出会った友人二人は、揃い合わせたようにキッパリと「なにもない」と言っていた。

そのとき、僕は当時の自分の旅が、いかに主体性のなさいものだったかを痛感したのだった。

後悔や、やり残しのない人生とは?

2010年の旅を振り返ると、当時の自分は主体的な旅ができなかったなあと、改めて思った。

主体的な旅ってなんだろう?

僕が考える主体的な旅とは、自分で考えて、自分で決めて、行動すること。

もちろん旅をして実際に45カ国くらいを巡っているので、自分で決めて、自分で行動しているのだが、自分で考えていたかというと、そうでもないことが多かった。

すごろくの旅。
なんとなく次の目的地へ進む旅。

ここはとりあえず行くか、ここの次はあそこか、といった具合に、なんとなく流れに任せて旅をしていた。
写真も撮っていたが、ただ歩いで出会った光景を撮っていただけで、あそこに行って写真を撮ろうとか、ここの光をもうちょっと待とうと、そんなことはしなかった。

もちろん当時の自分はそう思わなかっただろうが、自分で決断しているようでしていない旅だったように今なら思う。

なぜなら「やりたいな」と思ったことを、誰に止められたわけでもないのにやらなかったから。

チャリで旅をするにはお金もかかるし、経験もないからなー。
長いトレッキングをするには、テントもないしなー。
アラスカの僻地に行きたいけど、セスナに乗る交渉とかどうしたらいいかわからないしなあ。

誰に止められたわけでもないのに、自分で勝手に自己規制をして、自分の意志でやりたいことを選ばなかったように思う。
ただ、流れに任せて移動していただけ。

これは絶対にやりたいから、ここに行きたい。
ここに行ったら、どんな面倒だとしてもやりたい。

そんな強い意志がないまま、次の目的地へと移動し、なんとなくその土地の見所を見て、また移動した。

そこに主体性があったかと問われれば、ないことはないが、強くあったわけではないと答えるだろう。

後悔のない人生を歩むには、ここにヒントがあるように思う。

誰だってよりよい人生を生きたい

習い事も、旅も、人生も全て同じで、自分で考えて、自分で決めて、自分で行動することが後悔のない人生を生きることに繋がってくる。

僕は長い旅でやり残したことがあると今でも思っているのは、きっとそこに理由がある。

特に「自分で考える」というところが重要で、自分の人生を自分で歩いていくためには絶対的に必要なのだと思う。

 

きっと誰だってよりよい人生を生きたいと思っていて、そのためにどうすればいいのか自問自答し、時に悩んだり苦しんだりしながら、より幸せな人生ってなんだろう、後悔のない人生ってなんだろうと、生きていく。

後悔のない人生を生きるための方法を旅での友だちとの再会から考えた。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です