これまで世界50カ国以上旅をしている僕が、オススメのトラベルグッズ9選を紹介する

おすすめのトラベルグッズを紹介する

旅をする時にはできるだけ少ない荷物で行くようにしています。
重いより軽いほうがいいし、多いより少ないほうが旅をより快適で安全にしてくれます。

ただ、そんな中でも海外の旅に出るときには必ず持っていくものがあります。

持って行く理由は便利だったり、軽かったり、環境に適応するためで、それらがあるだけで安心感や快適感がグっと上がるトラベルグッズを紹介します。

これまで世界50カ国以上を訪れ、海外を旅しているのべ日数がきっと2年以上の僕が、オススメの旅グッズを紹介します。

心からオススメできる面白い「旅の本・紀行文20冊」

1.アイマスク


Dreamegg アイマスク

え?と思われるかもしれませんが、個人的にはアイマスクは必須中の必須アイテムです。
完全にマストアイテム。
必ず持って行くことをオススメします。

飛行機の機内、明るい部屋、少しだけ仮眠したい時。

旅先はいつもの自分の部屋とは異なる環境で寝るため、様々な睡眠の妨げが生じることがあります。
アイマスクを着用して寝ると、起きたときの爽快感が全然異なることを、きっと体感できるはずです。

アイマスクは100均でも売っていますが、付け心地が全然異なるので、よいアイマスクを一度体感してみてほしいです。
Dreameggのアイマスクはサイズも小さなるため、旅行用に最適です。

ちなみに、僕は家では下のテンピュールのアイマスクを着用しています。
これは更に付け心地が快適です。

軽いけど少しかさばるので旅行には持っていかないことも多いのですが、家では仮眠をとりたい時や朝方に起きてしまった時の二度寝の質を激変してくれるので愛用している。

荷物に空きがあるときは、こっちを持っていくこともありますね。

睡眠の質が劇的に変わるので、激烈にオススメです!

テンピュール(Tempur)  スリープマスク

 

2.サーモスの水筒

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 0.5L

こちらも意外に思われるだろう、水筒です。
いやー、水筒はけっこう必要です。

例えば東南アジアなんかの暑くてジメジメした場所へ行くときのことを想像してみてください。

前日の夜にホテルや宿泊先の近くで水を買い、翌日観光する時にペットボトルを持って観光する。
確かに十分それで事足りますよね。

だけど、暑くてジメジメした場所でぬるくなったペッドボトルの水を飲むことと、冷えた水を飲むことの幸福度の差を想像してみてください。
しかも、飲み慣れていない海外の水。
ぬるくなると、妙に変な味になって、だんだん飲む気が失せてくる体験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

僕はいつも冷たい水を飲めるように、水筒を持っていくことが多いです。

サーモスの水筒は軽いし、洗いやすいし、よっぽど荷物に余裕がない状況じゃなければ水筒を持って行きます。

3.BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン

Bose QuietComfort 25 Acoustic Noise Cancelling headphones ノイズキャンセリングヘッドホン

デジタルガジェットでいえば、BOSEのノイズキャンセリング付きヘッドホンを持って行きます。

ノイズキャンセリングといって売られているヘッドホンやイヤホンは世の中にたくさんありますが、BOSEのノイズキャンセリングは質が全く異なります。

飛行機の「ゴー」という音が完全に無音になり、真空状態にいるような感覚になれます。
機内での快適さが全く異なりますね。

先日のキューバ旅では飛行機内だけでも片道16時間くらい乗っていたので、かなり重宝しました。

写真を撮るためにキューバへ行ってきた

少しかさばる点が難点なので、荷物がギリギリの時や移動時間が短そうなときは持って行かないこともありますが、移動時間が長いときには間違いなく持っていきます。

4.使い分けられるサンダル

[ザ・ノース・フェイス] サンダル フラッフィー フリップ

旅ではサンダルは必須アイテムですが、サンダルの種類は目的地によって使い分けます。

主に持っていくのは、ビーチサンダル
ビーチを歩くときはもちろん、シャワーや部屋で履くような宿では乾きやすい点が他のサンダルと比べて群を抜いて便利です。

唯一の欠点は、足への負担が大きいこと。長く歩くような場所には向いていません。
そんな中でもNORTH FACEのビーチサンダルは厚底なので、ペラペラのサンダルに比べて足の疲労度が格段に軽減します。

[チャコ] Zクラウド

若干歩くような旅では、ストラップ付きのサンダルを履いていくこともあります。
僕の場合、夏に日々の暮らしで多く履くのは、このタイプでもあります。

ストラップ付きなので動きやすいし、覆われてもいないので涼しく、快適です。

Chacoのサンダルは安定感もあって、安心して歩くことができるのでオススメです。

[inov8] レコライト

更に歩くような旅では、こちらの覆われているタイプのサンダルを履いていきます。
このタイプの良さは、踵が踏めるように作られているので、靴にもなるし、サンダルにもなるということ。
INOV8のサンダルは、驚くほど軽く、アウトドアメーカーだけあって履き心地も抜群で、長い時間歩いて疲れません。

暑い国に行き、よく歩くような旅ではこのタイプを履いて行き、ビーチサンダルを持っていくスタイルが僕の定番です。
実際、今回のキューバ旅でも、このサンダルを履いていき、ビーチサンダルを持って行きました。

KEENの同タイプよりも軽量でグリップがしっかりしていて、たくさん歩く旅ではマストアイテム
僕が持っているものは深い緑色でかっこいいのですが、モデルチェンジしていて色味が少々カッコよくないので、来年のモデルに期待しましょう。

5.サングラス

FLOAT フロート アーバンギャラクシー SHARON

以前まではサングラスをすることはなかったのですが、30歳を超えてからは強い日差しに目が耐えられなくなってきて、今では絶対に持っていくアイテムになりました。

サングラスがあるだけで旅の快適度はグっと上がります。

日本では感じられないような強い日差しの国では、目の疲労度が全く異なります。
僕はサングラスをかけるようになってからは、日本で運転するときにもかけるようになり、今では生活での必須アイテムになりつつあります。

そんな中で、Floatのサングラスはオススメです。

こちらもアウトドアメーカーなので、軽量で、偏光レンズなのはもちろん。グニャグニャと曲がるので荷物でゴチャゴチャしても耐えられる強さがあり、旅にはもってこいのサングラスです。
また、柄の部分が付け替え式になっているので、気分によって色や型を変えることができます。

http://www.float-glasses.com/

6.トラベル三脚 Velbon UT-3AR

Velbon トラベル三脚 ULTREK UT-3AR

せっかく旅をするならば、素敵な写真を撮りたいと思う人も多いでしょう。

特に、一眼レフを持っていくような写真に対して積極的な方ならば、ぜひ三脚も持って行ってもらいたいです。

え、三脚ってあの重いやつ? ちょっと旅には…

そう考えて敬遠していた方にオススメの、軽くて小さくて一眼レフを載せられる三脚VelbonのULTREK UT-3AR
重さ786グラムで、サイズはA4サイズに収まるという優れもの。

旅に出るときは、この三脚がオススメです。

7.ツバメノート


5mm 32枚 C3019

一人旅をする時は、いつも日記を書くことにしています。
それも紙のノートと、ペンで、小さく細かな字でグワーっと今日あったことや思っていることなんかを書き殴っています。
それがあるだけで、後からブログを書こうと思ったときにはその時の感情や情景が思い出せるので、やっぱり旅中は記録をとることがオススメです。

一気にたくさんの文字を書くことは日本で生活しているとほとんどないので、最初は久しぶりにたくさんの量を書くことに慣れなかったりするのですが、慣れてくると「旅に入り込んできたなあ」と実感できたりします。

そんな旅のお供のノートですが、僕はツバメノートに決めています。

リングノートは左利きの僕には右ページが書きにくすぎるのだが、このツバメノートは紙の質感も、マス目も、開き方も、どれも書きやすいです。
表紙もほどよく厚く、ノートページが守られるているところもオススメポイントです。

旅にでるときは、いつもこのツバメノートを持っていくことにしています。

8.ワイヤーロック

ZHENGE TSAロック ワイヤーロック

僕には長い旅の経験の中でちょっと自慢できることがあります。

それは、旅の間に物を盗まれたことがないこと。

置き引きにあったことも、スリにあったことも、強盗されたこともありません。

まあ、運といえばそれまでなのですが、いろいろと気をつけていることは確かにあって、些細なことだけどワイヤーロック等の南京錠は必ず付けるようにしていることもその一つです。

安宿のロッカーや、サブバックのファスナーなんかにこれをつけておくだけできっと多少効果はあって、結果としてこれまで一度も物を盗まれていません。

ちなみにTSAロック規格の鍵は、アメリカ旅行では必須なので、お守り代わりにこちらをプレゼントするのもきっと喜ばれると思います。

9.iPad mini

iPad mini Wi-Fi 64GB – ゴールド (最新モデル)

ipad miniは旅をする上で最強の便利アイテムなことは間違いありません。

これ一台に、いくつもの映画やマンガや音楽や小説が入り、写真を保存することも文章を書くこともできるのだから、そりゃ最強の便利アイテムでしょう。

サイズも映画を見るのにはちょうどよく、キューバに行くまでの機内でこれまで見たくてもまとまった時間をとれずに見ていなかった映画やマンガを片っ端から見ました。

当然だけど、便利すぎるアイテム。だけど、ほどほどに。

トラベルグッズは日常生活でもやっぱり便利

今回挙げたトラベルグッズは、小さかったり軽かったり多機能だったりするので、きっと日常生活でも便利なアイテムだろう。
旅の間だけではなく、普段からも頻繁に使用するので、全くもったいない感覚がない。

プレゼントにも最適なので、世界一周や留学する人への餞別として渡すと、きっと喜ばれるだろう。

ぜひ、旅のお供に連れていってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です