【月刊23時の暇つぶし1月号】2021年1月に書いた記事を振り返る

SOGEN

SOGENです。ツイッターもやってます。写真・読書・旅関係の発信が多いです。お問い合わせはこちら

2021年1月は再びの緊急事態宣言で世の中はけっこうゴタゴタしていたが、僕自身は仕事も生活もほとんど変わることなく日々を過ごした。
もう、このまま進むんだろうなという感じがしている。

2021年1月は7記事を書いた。
新しく「写真家が伝える|家族の宝物になる家族写真の残し方」シリーズを書き始めたので、そちらを是非読んでみてほしい。

写真、考えたこと、おすすめの本、子育て、ガジェット情報など、ひとつの記事をけっこうな文量で書き込んでいるので、気になったタイトルがあれば読んでください。

2021年1月に更新したブログ記事

2021年は1月は7記事を書いた。
更新した記事を一覧にしたので紹介する。

2歳5ヶ月の娘が急速に成長し、足元をすくわれて転び、学んだこと

毎月更新している娘の成長記録と、そこから感じたことを書いた記事。

娘ももう2歳5ヶ月。魔の2歳とか言われているが、世の中はなんでも言い過ぎで、魔の要素なんて些細な部分。

とは言え、なんでもやりたいことが増えてきた娘は、こちらの話をお構いないしに、やり過ぎてしまい、転んだり壊したりしてしまう。

そんな娘を通して学んだことを記事にしました。

2歳5ヶ月の娘が急速に成長し、足元をすくわれて転び、学んだこと

おすすめの空気清浄加湿器 SHARP製 KC-F70-W|購入レビュー

空気清浄加湿器は前々からずっと気になっていたけれど、ついに購入を決断。

そのきっかけとなったのは、娘が幼稚園の預かり保育に行くようになってからというもの、頻繁に風邪を引くようになり、咳をすることが多くなってきたから。
その姿はとても苦しそうで、少しでもその要因となるものを取り除いてあげられればと思ったから。

使い始めてみたら、目に見えてホコリは減ったし、加湿機能は優秀だし、ランニングコストも激安

娘の咳と空気清浄機の活躍の因果性はわからないけれど、埃が減ったのは少なからず原因があるような気はする。

おすすめの空気清浄加湿器 SHARP製 KC-F70-W|購入レビュー

ザ・リッツカールトンの元社長が伝えた「感性を磨きなさい」という言葉 感性ってどうやって磨くの?

ビリギャルの著者である坪田信貴さんと吉本興業の会長である大崎洋さんが話すラジオ「らぶゆ〜きょうと」が好きで、よく公式youtubeチャンネルで聞いている。

今回は坪田信孝さんが話した『リッツカールトンの元社長である高野登さんが伝えた「感性の磨き方」について』の話が面白かったので、その内容を共有した記事。

ザ・リッツカールトンの元社長が伝えた「感性を磨きなさい」という言葉 感性ってどうやって磨くの?

ちなみに坪田信貴さんが書いた「才能の正体 (幻冬舎文庫)」は、僕が選ぶ2019年のオススメ本の第8位にランクした本で、こちらもとてもおもしろい。

才能の正体/坪田信貴


才能の正体 

【2019年】本当に読んでよかったオススメ本ランキング11

【プレゼントにオススメ】誰かに贈りたくなるプレゼント本50冊

本が好きで、本を紹介する記事をたくさん書いている。例えばこのブログの一番人気の記事でもある「オススメの旅の本」や、「オススメのエッセイ」「オススメの家族愛を感じさせる写真集」などの企画があるのだが、そのシリーズの第9弾。

子どもに、大切な人に、旅や写真が好きな人に、本や映画が好きな人に贈ってみてほしい本を50冊紹介した。
本当に良書ばかりなので、ぜひ誰かに贈ってみてほしい。

【プレゼントにオススメ】誰かに贈りたくなるプレゼント本50冊

写真家が伝える|家族の宝物になる家族写真の残し方 〜①スナップ写真を撮影しよう〜

「家族写真を美しく残す方法」について連載記事を書き始めた。
今月は3つの記事を書いて、その第1回目のテーマは「スナップ写真」

シリーズ「写真家が伝える|家族の宝物になる家族写真の残し方

スナップ写真には写真スタジオで撮影するようなかしこまったものではなく、いつも溢れていた何気ない日常の光景を残すことができる特徴がある。機材として写真館のカメラには遠く及ばないものでも、写真館以上の写真を撮ることも十分可能だ。

あなたが後々その写真を振り返って見たときに、なにかを語れるとしたらどんな写真だと思う?

よりよい家族写真を残す方法について書いた。

写真家が伝える|家族の宝物になる家族写真の残し方 〜①スナップ写真を撮影しよう〜

写真家が伝える|家族の宝物になる家族写真の残し方 〜②撮影テクニック11選を紹介〜

写真家が伝える『家族写真の撮影テクニック』を紹介。

こんな工夫をすればよりよい写真を撮ることができますよ!というテクニックを、写真を交えて紹介。

具体的なラインナップを少し紹介
①子どもの目線と同じ高さで撮影しよう
②光を入れよう
③ぼかした写真を撮影しよう
④日常の習慣を撮影しよう
⑤ごちゃごちゃしたところも撮影しよう

・・・こんな撮影テクニックを11紹介しました。

写真家が伝える|家族の宝物になる家族写真の残し方 〜②撮影テクニック11選を紹介〜

写真家が伝える|家族の宝物になる家族写真の残し方 〜③撮影した写真をどのように残すか〜

せっかく撮影した家族写真を、PCやスマホにデータとして保存しているだけで、形として残していない人も多いのではないでしょうか?

僕は撮影した家族写真は、セレクトし、必ず形として残すようにしている。スマホやPCに保存するだけじゃそんなに見返すこともないし、家族で共有するにもイマイチやりにくい。妻とその写真を見ながら過去の出来事を振り返るときや、娘と写真を見ながら笑い合うときは、とても素晴らしい時間になる。

そんな僕がオススメする家族写真の残し方を3つ紹介した記事。

写真家が伝える|家族の宝物になる家族写真の残し方 〜③撮影した写真をどのように残すか〜

2021年1月はブログのトップページを変更した

今月は7記事書いた。「写真」「旅」「本」「子育て」がこのブログのコンテンツのメインとなっているが、旅以外は網羅した。緊急事態宣言も発令していて、なかなか大手を振って旅がしにくい状況ではあるが、4月からは旅も再開できればいいなと思っている。

新しく「写真家が伝える|家族の宝物になる家族写真の残し方」というシリーズ記事を書き始めた。
オススメの家族写真を紹介した記事もあるので、子どもが生まれたし家族写真を残したいなと考えている方にはオススメのシリーズになるかと思う。

心からオススメする「家族愛を感じさせる写真集」

 

今月は、もう1つ大きなこととしてブログのトップページを変更した。

23時の暇つぶし:トップページ

個人的にはかなり見やすくなったので、あなたの興味のある記事に巡り会いやすくなったかと思う。

いよいよ今の仕事もあと2ヶ月で終了。このブログも少なからず変わってくるだろう。
未来が待ち遠しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です