渡邊雄太|「好き」を力にする NBAプレーヤーになるために僕が続けてきたこと を読んで考えた

書評記事を書くことを続けてみる

このブログの読者から「たくさん本を読んでいるのでオススメの本を教えてほしい」と伝えられたことがある。

いろいろ考えた結果、読み終わった後の記憶が新しい状況の中で、記事を1本書くことを続けてみることにした。

決意してからの7冊目はNBAプレイヤー・渡邊雄太の著書|「「好き」を力にする」について書いてみる。

「好き」を力にする NBAプレーヤーになるために僕が続けてきたこと|渡邊雄太

「好き」を力にする NBAプレーヤーになるために僕が続けてきたこと|渡邊雄太


「好き」を力にする

渡邊雄太とは?
「日本人二人目のNBA選手。香川の尽誠学園を卒業後に渡米し、プレップスクールを経てアメリカのジョージ・ワシントン大学に入学。大学4年時にはチームのキャプテンに任命され、A10カンファレンスのディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーをジョージ・ワシントン大の選手として初めて受賞。大学での活躍が評価され、メンフィス・グリズリーズと契約し、NBA選手となった。

日本人NBA選手の元祖といえば、田臥勇太。
そして日本人で3番目にコートに立ち、現在のNBA選手の代表的な存在といえば八村塁なのだが、実はもう一人現役日本人NBA選手がいる。
それが、本書の著者である渡邊雄太選手だ。

渡邊雄太選手がどういう経緯でNBAのコートに立てたのか。

特に英語が全く話せない状況からアメリカに渡り、最終学年ではチームのキャプテンまで任されるまでになった大学時代からNBAと契約した辺りまでを詳しく知りたいと思い、本書を読んだ。

長い日本の歴史で日本人NBA選手はたった3人しかいないのだが、その一人がどうやってこれまでの人生を歩んできたのかに興味をもって、本書を読んだ。

渡邊雄太 「好き」を力にする

【「好き」を力にする」に書かれていた言葉を紹介する】

僕は本を読んだら気になった文章をノートに書き記す習慣を、もう15年近く続けている。

15年前から私が本を読んだら必ず行っている2つの習慣

インプットの吸収率が圧倒的に上がるし、なにより目に見える形で記録されていくことが自分の自信になる。

この本は文章として記録しておこうと思ったものはなかったが、気になった内容を紹介したい。

誰でもそうだと思うが、自分が描いたイメージが実際に達成されていく瞬間は実に気分が良い。バスケットボールをしているときは常に楽しいのだが、1年生の終わりから2年生の冬の時期は特に成長を感じ、いつにも増して楽しい時期だった。

 

なにかに集中して取り組んでいると、自分が急激に成長していることを実感できる時期がやってくる。
それまでは無我夢中に取り組んでいたものが、自分の思う通りにできるようになり、できることが次々と増え、表現できるようになっていく。

その瞬間はスポーツでも芸術でも勉強でも共通する楽しさで、きっとその感覚が自信に繋がり、更にそれが好きになるきっかけになるんだろう。

そんな瞬間を思い出させてくれる一文だった。

「好き」を力にする」を読んで思ったこと

正直読んでいて特別面白い本ではないが、バスケ好きならば読んでみるといいだろう。

渡邊雄太選手がいかにしてNBAまでたどり着いたのかが、よくわかる。
性格もよく描かれていて、多くの人への感謝が伝わってくる。

渡邊雄太選手の人柄がでていたような一冊だった。

この本の評価
面白さ
(2.5)
吸収できた言葉
(3.0)
デザインの美しさ
(2.5)
総合評価
(3.0)

7 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です