「何を求めているのかなんて、自分にだってわからない」 ということを、恋愛相談を聞いて学んだ話

30代の女性が相談した内容について

先日、友人Aくんと会ったときに30代の女性B子ちゃんから相談を受けた話をしてくれた。

僕はB子ちゃんと面識がないので、特に思い入れもなくAくんの話を相槌を打ちながら聞いているだけだったのだが、その相談内容から僕なりに考えたことがあったので、考察したことを書き記しておきたい。

相談内容は「結婚」についてだった。

30歳を過ぎた女性B子ちゃんと、僕の友人Aくんの会話。

B子ちゃんはこれまでずっと「結婚したいんです」と話していた。
そして幸運にも、B子ちゃんには、付き合っている彼氏がいた。
Aくんは、B子ちゃんが彼氏ともうすぐ結婚するものだと思っていた。

 

B子ちゃんにとって、残念ながら彼氏の顔はあまり好みではないけれど、気は合うし、一緒にいると安心する。仕事もしていて経済的にも問題ない。
だけど、二人は休みが合わず、あまり会うことができないでいた。

 

彼からは「結婚しよう」とこれまで何度も言われていた。
だけどB子ちゃんはなかなか決断に至れず、はぐらかし、曖昧な態度をとってきた。
そんな態度を1年ほどとっていたら、業を煮やした彼から急に別れを告げられた。

 

あまりに突然のことに驚いたのもあったのだが、いざ別れてみると、B子ちゃんは彼の存在が大きかったことに改めて気がついた。
どうして自分は結婚を先延ばしにしてしまったんだろう・・・。
B子ちゃんは後悔している。

Aくんは、彼女に聞いてみた。

Aくん

「B子ちゃんは、結婚になにを求めているの?」
「安定したいです。あとは親も高齢なので、そろそろ喜ばせたいし安心させたいって気持ちが一番にあります」

B子ちゃん

なるほど。

自分のことを客観的に判断することは難しい

僕はB子ちゃんとは面識もないし、その話をAくんから聞いただけなので細かいニュアンスについてはわからないが、客観的に聞いて彼女は「安定」もさほど求めていないし、ましてや一番に「親を喜ばせたい」とは思っていない。

彼といると落ち着くし、気も合って、経済力も問題ないんだから、とても安定している。顔は好みじゃないけど。

親を喜ばせたいってのが一番に思ってるのなら、さっさと結婚すればいい。
でも、結婚はしたくない。
なぜなら、顔が好みじゃないから。

僕がこの話を聞いて、この話の違和感はなんだろうと考えたときに一番感じたことは、「自分のことは、いくつになっても客観的にわかりにくい」ということだった。

自分の核心や深い部分を知るためには?

おそらくB子ちゃん自身は、「親を喜ばせたい」「安定したい」という要望が、自分の中で一番強い思いだと本当に信じているのだろう。

きっと、いろいろな人と話していて聞かれたのだ。
どんな人と結婚したいの?どうして結婚したいの?
そんな質問を家に持ち帰ってあれこれと自分でも問うてみたのだろう。

わたしって、どうしたいの?

そうなったときに、「安定を求めている」「親を喜ばせたい」という答えが出てきたのだと思う。

もちろんその気持ちは本心だけれど、核心かというと決してそうではない。

それはつまり、自分の深くにまで思考が届いていないということだと思う。
だって、「安定」や「親を喜ばせること」を求めているなら、その人でいいわけだし。

つまり、世間や自分の中で聞こえがよく、納得のできる条件を無意識的に探したところ「安定」と「親を喜ばせたい」というワードが出てきただけで、自分が最も求めているものを意識的に探し出すことはできなかったということだ。

人は自分の核心や心の深い部分を知ることって難しい

きっとB子ちゃんは、相手から突然予想外の別れを告げられたので、その空虚感から寂しさを感じ、「彼の存在が大きかったことに気づいた」と言っているのだろう。
身勝手な話だけど、恋愛ではよくある話かなと思う。

だけど、彼と再び付き合ったからと言って、B子ちゃんが本心から相手に求めていることに気づかなければ、遅かれ早かれうまくいかなくなるような気がする。

僕がこの話から学んだことは、人は自分の核心や心の深い部分を知ることって難しいということだ。

それには意識的に自分を客観視する訓練が必要なのかもしれない。

自分と深く対話し、なにを求めていて、なにを不快に感じ、なにがあれば幸せなのかを考えること。そして、考えるだけでなく、それだけしかない状況を作り、実践してみる行動が必要なのかもしれない。

「自然が近くにある環境であれば満足できる」と思って田舎暮らしを始めたけれど、自然が多いだけでは生きるのに物足りなくなったり、周囲との付き合いが面倒になって田舎暮しを辞めてしまう人が多いように、頭で考えるだけでは自分のことなんてなかなか理解できない。

「自分ってこういう人だ」と理解しているつもりでも、全然違うことなんて珍しくないのだから思考と行動が絶対的に必要だと思う。

 

僕はこれまで2010年に世界一周をしたときに、自分の声に耳を傾けず、主体性のない旅をしてしまったことに後悔をしている。

旅で出会った友人と再会し、やり残しや後悔のない生き方を考える

自分の性格が「石橋を叩きまくっても渡らないものは渡らない」ということも知っている。

石橋を叩かずに飛び越える 、石橋を叩いても渡らない

友人Aくんと会って話したことで、僕はこれまでに何度も失敗を重ねてきたことを思い返し、自分の核心や心の深い部分を知る作業を続けていきたいなと改めて感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です