祝!!『旅と夢(仮題)』出版化が決定!

みらいパブリッシングから書籍を出版することになりました

「旅と夢」クラウドファンディング開始

タイトルの通り、このブログ23時の暇つぶしの筆者である宗玄さんが、本を出版することになりました

書籍は「みらいパブリッシング」から出版することになっていて、2023年5月頃に発売予定となっています。

本の内容は「旅と夢」をテーマに、世界を旅しながらその土地で暮らす人々にインタビューをしたルポタージュでもあり、世界を旅した旅行記でもあり、様々な土地の景色や人を撮影した写真集のようでもある書籍です。

この記事では、出版する書籍についての概要とクラウドファンディングのプロジェクトについてお伝えさせてください。

この記事でわかること

  • 宗玄さんが出版する書籍の内容
  • 学校現場の課題と「旅と夢」に込めた思い
  • 出版する書籍のクラウドファンディングを行う理由

宗玄さんが本を出版することになりました

2023年5月頃に、「みらいパブリッシング」から、「旅と夢」をテーマとした本を出版することになりました。

書籍「旅と夢(仮題)」がどんな本なのかを解説しますね!

宗玄が出版する書籍「旅と夢」の内容
宗玄さんが出版する本の概要

・世界50カ国を旅しながら、夢をインタビューした

・世界で暮らす人々には、日本で暮らしてきた僕には想像もしないような夢があった

・夢をスケッチブックに書いてもらい、写真に撮った

・出会った人一人ひとりの夢や出会いについてのエッセイを書いた

・世界各国の光景や人々の写真を掲載

出版する本の概要通り、インタビュー本でもあり、旅行記でもあり、写真集でもあるような、そんな本です。

出版社「みらいパブリッシング」は、ビジュアルガイドブックシリーズが人気の本となっているのですが、「旅と夢(仮題)」もビジュアルガイドブックシリーズとして発売されるようです。

このブログでも「お一人さま逃亡温泉」を紹介しましたが、この本も「みらいパブリッシングのビジュアルガイドブックシリーズ」ですね!

宗玄さんが出版する本の具体的な内容

それでは、宗玄さんが出版する本の具体的な内容をお伝えしていきます。

現在、原稿執筆とページデザインを編集者やデザイナーと共に並行して行っているのですが、仮りで数ページをつくってみたので、早速挙げたいと思います。

「旅と夢」ページデザイン案
「旅と夢」ページデザイン案2
「旅と夢」ページデザイン案3

夢を書いたスケッチブックをもっている人の写真があり、その人との出会いや旅行記のテキストがあり、たくさんの写真が掲載されているような本になっています!

書籍『旅と夢』に宗玄さんが込めた思い

突然ですが、あなたの夢はなんですか?

「サッカー選手になりたい」
「世界一周旅行をしてみたい」
「家族と幸せに生きたい」

いろいろな夢が浮かんできますよね。

「あなたの夢はなんですか?」と尋ねられたとしたら…

では、見ず知らずの外国人に夢を尋ねられたとしたら、あなたは何と答えますか?

この本には、そんな突拍子もない質問に答えてくれた世界で暮らす人々の自信に満ちた表情が掲載されています。

小学校の頃に「あなたの夢」をテーマに作文を書いた経験もあってか、日本では「夢=職業」と考えがちですよね。でも、世界で暮らす人々には、もちろんそんな概念はありません。


では、日本の文化や教育や環境とは異なる世界を生きてきた人々は、どんな夢をもっているのだろうという疑問が、この本が生まれたキッカケです。

世界で暮らす人々の夢には、日本で育ってきた僕には想像もつかないような夢がありました。

『旅と夢』を学校や図書館へ寄贈したい理由

出版した本は、できるだけ多くの若い世代の手にとって頂きたいという思いから、希望の意志を示してくださった神奈川県や富山県の学校を中心に小学校、中学校、高校に寄贈させていただき、教師経験を活かして学校等で講演も実施しようと考えています。(本の出版は2023年5月頃にみらいパブリッシングから出版予定)

※神奈川県立相模原高校、神奈川県立総合産業高校、葉山町立小・中学校全6校など複数の学校や図書館への寄贈が決まっています。

僕は、教員として学校現場で子どもたちと関わってきた中で、子どもにとっての世界の中心が「学校の中」だけになってしまうことに強い危機感を抱いていました。

未来の姿を想像しようとしても、自分が経験したことしか想像できないのならば、その範囲内でしか夢を抱けない。


この本では、それぞれの環境や文化や物語から紡いだ自分だけの夢が語られていて、その言葉は読者の方に大きな可能性や広い視点を感じてもらえるのではないかと期待しています。

出会ったことで、想像できる」という言葉は、僕が旅中に強く感じたことですが、この書籍を通して人が夢を語る姿と出会うことで、きっと未来を想像するあなたの背中をひと押しできると強く感じています。

「語られた夢をテキストにまとめた」

『旅と夢』を学校や図書館へ寄贈したい理由

僕は、高校や特別支援学校など10数年間教壇に立っていた元教員です。

このままずっと教員を続けていくだろうと思っていた私が、夢を追って、フォトグラファーやライターといった安定とは無縁の世界に飛び込みました。

もちろんキッカケとなったのは、この本で書いた「夢」をインタビューした世界旅です。

「旅と夢」を学校や図書館へ寄贈したい




世界各地でインタビューと写真を撮影しながら、「夢」について話す人々の晴れやかで美しい表情に触れていく中で、自分の中にフツフツと閉じ込んでいた「夢」が燃えていくのを実感していきました。

夢には、それくらいの力があるんですよね。

小中高校生はもちろん、若い世代の人生も変えうるし、親世代や年老いてもきっと人生を豊かにしてくれるのだと思います。

本の出版や、写真展の開催や、学校への本の寄贈といった今回のプロジェクトは、そんな夢のもつ力を多くの方に届けたいと思ったことが背景にあります

「旅と夢」出版のクラウドファンディングを行います

世界で暮らす人々がどんな夢を抱きながら暮らしているのかを知るだけで、もしかすると自分の人生は少しだけ豊かになるかもしれない。

若い世代をはじめ、たくさんの方に「夢」について考えてもらいたいという思いから、「旅と夢プロジェクト」はクラウドファンディングを行うこととしました。

クラウドファンディングをしようと思ったのは、先ほどもお伝えしたように、できるだけ多くの若い世代にこの本を手にとってほしいと思い、学校や図書館へ寄贈するためです。

プロジェクトを実現したい思いを強くもっているので、周囲の人に知らせたり、SNSでつぶやいたり、どんなことでも構いませんので、ぜひお力を貸して頂ければありがたく思います。

クラウドファンディングサイト・CAMPFIREにジャンプします。
>>>『世界で暮らす人々に夢を尋ねた本『旅と夢』出版&写真展開催&学校へ寄贈プロジェクト

『旅と夢』情報は、これからどんどん出していきます

宗玄さんが出版する書籍『旅と夢』は2023年5月に出版する予定となっています。

現在はまだまだ原稿を書いて、ページレイアウトを組んでいるところなので、これからどんどん情報をだしていく予定です。

このブログでも公開していきますので、応援よろしくお願いします!