3歳〜4歳におすすめのストーリーが面白い絵本と知育絵本15冊

3歳半の成長を育むおすすめの絵本紹介

この記事は3歳〜4歳の子ども向けの『子どもが何度も読み返す面白い絵本』について紹介した記事です。

これまで子どもに600冊以上の絵本を読み聞かせしてきた中から、3歳児から4歳児に子どもを対象に、子どもが特に喜んで何度も読み返したおすすめの絵本を15冊ピックアップしました。

クスっと笑えるストーリーが面白い絵本と、子どもの知識や興味を高める知育絵本の2つのジャンルから、合わせて15冊の絵本を紹介していきます!

子どもの年齢ごとにオススメの絵本を紹介した記事

目次

3歳から4歳が何度も読み返すおすすめの絵本

我が家では娘が読んだ絵本を全て記録しているのですが、娘は3歳から4歳にかけて300冊以上の絵本を読みました

毎朝保育園に出発する前の5分と、おやすみ前に2冊などと決めて、絵本を読み聞かせしています。

その結果、3歳9ヶ月になるとひらがなやカタカナを読めるようになり、僕や妻に絵本を読み聞かせしてくれるようになりました。


毎日子どもに絵本を読み聞かせしている経験から、3歳〜4歳の子どもが夢中になって何度でも読むオススメの絵本を15冊紹介します。

本記事の信頼性

この記事を書いている宗玄さんは、育児サイトbabycoで育児コラムを連載しています。
絵本についての記事を含めて、これまで10以上の父親目線の記事を寄稿しているので、ぜひ読んでみてください!

3歳から4歳に読み聞かせしたいストーリーが面白い絵本8冊

【3歳4歳向けの面白い絵本】
バナナじけん

天才・高畠那生の絵本

『バナナじけん』は、どんな本?

絵本業界の天才・高畠那生さんはストーリー作りの天才です。
どうしてその発想が浮かぶの?と思わせる、自由で愉快な設定のオンパレード。

チーターの洋服屋さんに来た客が「あなたのチーター柄をください」と言ってチーター柄を売る絵本【チーター大セール】や、住民がゴロゴロして暮らす島の絵本【たとえば、せかいが ゴロゴロだったら】など、たくさんの奇想天外な絵本を出版しています。

『バナナじけん』は、バナナを乗せた電車から一本ずつバナナが落ちていき、それを拾った猿がバナナを食べて皮を捨て、その皮に滑ったウサギが転び、その皮をカメが拾って甲羅に乗せていく…という展開を繰り返すストーリー。コミカルな登場人物たちに感情移入できる一冊です。

高畠那生さんのイラストは、表情が面白くて子どもがゲラゲラ笑って読むはず。

created by Rinker
¥1,540 (2022/09/23 19:37:49時点 Amazon調べ-詳細)

【3歳4歳向けの面白い絵本】
ねぐせのしくみ

大人気絵本作家・ヨシタケシンスケさんの絵本

ねぐせのしくみ』は、どんな本?

大人気絵本作家・ヨシタケシンスケさんの絵本から、子どもが特に好きだったのが『ねぐせのしくみ』でした。
『ねぐせのしくみ』は、子どもが寝ている間の知られざる空想世界を描いていて、大人も笑って読める面白い絵本です。

得体の知れない小人たちが寝た子の寝癖をつけるためにシャンプーしたり、ヨダレを垂らすために美味しい料理の匂いをかがせたりと、気づかない様々な工夫を凝らして寝姿を作っていくというユーモアたっぷりの一冊。

created by Rinker
ブロンズ新社
¥1,078 (2022/09/23 19:04:53時点 Amazon調べ-詳細)

【3歳4歳向けの面白い絵本】
きょうりゅうオーディション

恐竜好きにはたまらない一冊

きょうりゅうオーディション』は、どんな本?

『きょうりゅうオーディション』は、恐竜サーカス団のオーディションに様々な恐竜がやってきて、自分の特技を披露していくという流れのストーリー。恐竜たちの特技がかわいくてクスっと笑える絵本です。

一番大きな恐竜のブラキオサウルスが「たかいたかい」をしたり、ステゴサウルスは背中の板を赤くしたりとそれぞれの恐竜が個性を発揮していきます。

作者のたしろちさとさんは福井県立恐竜博物館を丹念に取材したそうで、サーカスの司会を務める「フクイベナートル」も、福井県で発掘された化石から名付けられた恐竜。恐竜愛を感じる一冊です。

『きょうりゅうオーディション』は、「おすすめの恐竜絵本15選」でも紹介しているので合わせて読んでみてください!

子どもが喜ぶ恐竜絵本紹介ランキング・ベスト15おすすめの恐竜絵本15選|2歳から5歳の恐竜好きにプレゼントしたい本
created by Rinker
小学館
¥1,430 (2022/09/23 19:37:50時点 Amazon調べ-詳細)

【3歳4歳向けの面白い絵本】
アントンせんせい あかちゃんです

アントンせんせい あかちゃんです』は、どんな本?

アントン先生は、いつも優しい獣医さん。
どんなに忙しくてもいつも優しいアントン先生のもとに訪れたブタさんは、子どもを授かっていました。

そんなある日、アントン先生た体調不良で倒れてしまった。いつも優しいアントン先生に動物たちが恩返しをしていく姿はとても微笑ましく、アントン先生のような優しい人になりたいと思える、思いやりの心を育てる一冊です。

描くイラストがいつも可愛い絵本作家の西村敏雄さん。個人的にかなり好きな絵本作家さんです。

created by Rinker
講談社
¥1,430 (2022/09/23 19:37:51時点 Amazon調べ-詳細)

【3歳4歳向けの面白い絵本】
おやすみ、はたらくくるまたち

おやすみ、はたらくくるまたち』は、どんな本?

働く車が大好きな子どもは多いと思いますが、そんな働く車が大集合の絵本が『おやすみ、はたらくくるまたち』です。

クレーン車やミキサー車やダンプカーなど働く車が勢揃いで、車好きの子どもには楽しい絵本で、寝かしつけにもピッタリの一冊です。

created by Rinker
ひさかたチャイルド
¥1,430 (2022/09/23 19:37:51時点 Amazon調べ-詳細)

【3歳4歳向けの面白い絵本】
むしたちのうんどうかい

虫×運動会=子どもが喜ぶ!

むしたちのうんどうかい』は、どんな本?

『むしたちのうんどうかい』は、その名前の通り、虫が紅白に分かれて大運動会を行うストーリーです。
それぞれの虫が個性を発揮して、いろいろな種目で活躍していきます。

だんご虫が玉入れの玉になったり、カブトムシが綱引きで活躍したり、バッタが徒競走で飛んで失格になったりと、身近な虫たちの活躍に子どもたちも大喜びの一冊です。

created by Rinker
¥1,430 (2022/09/23 21:10:08時点 Amazon調べ-詳細)

【3歳4歳向けの面白い絵本】
せかいいちのいちご

可愛いイラストに深いストーリー

せかいいちのいちご』は、どんな本?

『せかいいちのいちご』は、BRUTUSのシロクマの表紙でお馴染みの庄野ナオコさんの絵本で、かわいいイラストが特徴的なのに加えて、メッセージ性の強い作品です。

物語はシロクマの自宅にイチゴが1粒届くところからスタートします。その1粒のイチゴが大切で大切で仕方なく、お風呂に入るときも寝るときもどこに行くにも一緒にいるくらいに大切にしていた。

翌年、届いたイチゴは2粒になった。嬉しい、嬉しすぎる!その翌年は3粒、その翌年は4粒。

だんだんとたくさんのイチゴを手に入れるようになったシロクマは、あんなに大切にしていたイチゴを粗末に扱うようになっていっていくという展開で、物を大切にする気持ちを育ててくれる深い絵本です。

『せかいいちのいちご』は、「大人向け絵本おすすめランキング30」でも紹介しているので、合わせて読んでみてください!

大人が感動する絵本ランキングベスト30作品大人に読んでほしい絵本ランキング30【2022年版】
created by Rinker
小さい書房
¥1,980 (2022/09/23 19:17:56時点 Amazon調べ-詳細)

【3歳4歳向けの面白い絵本】
いまぼくはここにいる

世界が回り回っていることを感じる絵本

いまぼくはここにいる』は、どんな本?

『いまぼくはここにいる』は、かわいイラストの恐竜絵本ですが、なんとも情緒的で少し残酷で、だけどたくさん想像させられる絵本です。

臆病な草食恐竜のサンには両親とたくさんの弟や妹がいました。しかし、そんな家族がティラノサウルスに襲われ、父さんと母さんが犠牲になりながら自分たち兄弟を守ってくれます。

あんなに怖がりだったサンは、家族で一番年齢が上になり、父さんと母さんが自分たちを守ってくれたように、弟や妹をしっかり守るように逞しくなっていきます。
しかし、ある日、ティラノサウルスが襲ってきて…といったストーリー。

前作の「きょうぼくはなまえをもらった (きょうりゅうのサン)」と合わせて名作なので、ぜひ二冊合わせて読んでみてください!

我が家では僕と妻がそれぞれ別々の機会に娘に読み聞かせをしたのですが、「あの本読んだ?ちょっと泣けたよ」と話すと、妻も読み聞かせしながらウルウルしたと話していました。

『いまぼくはここにいる』は、「おすすめの恐竜絵本15選」「大人向け絵本おすすめランキング30」でも紹介しているので、合わせて読んでみてください!

子どもが喜ぶ恐竜絵本紹介ランキング・ベスト15おすすめの恐竜絵本15選|2歳から5歳の恐竜好きにプレゼントしたい本 大人が感動する絵本ランキングベスト30作品大人に読んでほしい絵本ランキング30【2022年版】
created by Rinker
¥1,650 (2022/09/23 08:34:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アリス館
¥1,650 (2022/09/23 08:34:10時点 Amazon調べ-詳細)

3歳から4歳に読み聞かせしたい知識や興味を高める知育絵本絵本8冊

『子どもが笑って楽しく読めるオススメ絵本4冊』
  1. おうさまがかえってくる100びょうまえ!
  2. バナナじけん
  3. ねぐせのしくみ
  4. きょうりゅうオーディション

【3歳4歳向けの知育絵本】
世界とであうえほん

世界とであうえほん』は、どんな本?

『世界とであうえほん』は、世界が今ある場所だけでなく、様々な人や食事や乗り物があることを意識できる子どもの知的好奇心を高めるスタートブックです。

かわいいイラストで様々な国の服や家や食べ物がでてきて、大人も子どもと一緒に「すごいね!」と共感しながら読めるので、子どもの興味が高まる一冊です。

我が家の娘もこの絵本から世界の国に少しずつ興味をもつようになって、写真を見たり、オリンピックででてくる国旗に反応したりしていきました。

created by Rinker
¥1,980 (2022/09/23 21:10:09時点 Amazon調べ-詳細)

【3歳4歳向けの知育絵本】
おうさまがかえってくる100びょうまえ!

1〜100までの数字をコミカルに体感する一冊

おうさまがかえってくる100びょうまえ!」は、どんな本?

『おうさまがかえってくる100びょうまえ!』は、王様が出かけている間に護衛たちが王様の部屋でこっそりと豪遊するという展開から、思いがけず王様が早く帰ってくることを知り、それが100秒前で慌てて片付け始めるというお話。

その慌てぶりが可愛いイラストと合っていて子どもも大人もクスっと笑える絵本です。

1から100まで数字が書かれてカウントアップされていき、数字への理解が深まってくる3歳にオススメの一冊です

created by Rinker
えほんの杜
¥1,540 (2022/09/23 19:37:53時点 Amazon調べ-詳細)

【3歳4歳向けの知育絵本】
10かいだてのおひめさまのおしろ

目をキラキラさせながら選ぶ一冊

10かいだてのおひめさまのおしろ』は、どんな本?

10かいだてのおひめさまのおしろ』は、女の子が夢の世界に連れられてドレスや靴やアクセサリーを選びながらお姫様になっていくという心ときめく絵本です。

たくさんの種類の中からドレスやアクセサリーを選んでいけるので、「どんなドレスがいいかな?雪のドレスかな?」と、子どもが想像力を膨らませながら読めます。

「たくさんの中から自分で選択する」ということを考えさせられる一冊です。

【3歳4歳向けの知育絵本】
ぼくらはいけのカエル

カエルの生態を楽しく学べる一冊

ぼくらはいけのカエル』は、どんな本?

『ぼくらはいけのカエル』の作者である松岡達英さんは、中南米・アラスカ・オセアニア・東南アジアなど広範にわたる自然観察の旅をしながら、多数の自然科学の絵本を描いている絵本作家です。

カエルや恐竜の絵本を多く出版し、イラストも可愛く、生き物の生態をしっかりと描いていてとても楽しく読める絵本が多くあります。

created by Rinker
¥1,375 (2022/09/23 19:37:54時点 Amazon調べ-詳細)

【3歳4歳向けの知育絵本】
よるになると

「かがくのとも」シリーズの名作

よるになると』は、どんな本?

よるになると』は「かがくのとも絵本」シリーズの絵本で、子どもの知的好奇心を高めてくれます。

「かがくのとも絵本」は、大人も知らないようなことを、子どもにもわかりやすい絵と言葉で紹介してくれるので、大人も読んでいて楽しめる絵本です。
「よるになると」は、森の昼と夜の様子が交互に描かれていて、同じ場所でも昼と夜では全く異なる展開になる様子がわかります。

例えばナマズは昼は穴に入って寝ているけれど夜になると穴から出てきて食べ物を探しに行くところが絵になっていて、生き物の世界への知的好奇心を高めてくれる一冊です。

created by Rinker
¥990 (2022/09/23 19:37:55時点 Amazon調べ-詳細)

【3歳4歳向けの知育絵本】
アリのかぞく

アリの生態がわかる絵本

アリのかぞく』は、どんな本?

同じく「かがくのとも絵本」から、『アリのかぞく』を紹介します。

アリのかぞくは、地面に隠れているアリの巣を断面的に描いていて、普段は見えないアリの生態がわかり、子どもの知的好奇心を高めてくれる一冊です。

アリの子育てやトイレや巣の作り方や巣の移動など、生き物の生態がよくわかる絵本です。
かがくのとも絵本は、他にもオススメの絵本がたくさんあるのでいくつかピックアップして紹介します。

created by Rinker
¥990 (2022/09/23 19:37:56時点 Amazon調べ-詳細)

【3歳4歳向けの知育絵本】
こどもせいかつ百科

社会のルールをイラストで学べる図書

こどもせいかつ百科』は、どんな本?

最後は子どもに日常生活への知的好奇心を高めてくれる「こどもせいかつ百科」です。

日常の暮らしをかわいいマンガ調で描いていて、子どもが「やってみたい!」と思える一冊です。
「おかしを作ろう」や「そうじをしよう」など、暮らしの中でやってみたいことや、やる理由がたくさんのテーマで描かれている絵本です。

日常生活の図鑑といった絵本なので、家に一冊あって時々読み返すと面白いですよ!

3歳から4歳の子どもが絵本でひらがなとカタカナを読めるようになった理由

これまでも面白かった絵本の紹介記事を書いてきましたが、絵本と現実がリンクしたときにインプットが加速することが多かったように思います。これは4歳になる今も、2歳の頃も変わっていません。

3歳から4歳はひらがな等の文字を読めるようになっていく過程で、自分で絵本を読んだり、絵本の世界を理解することが多くなってくる段階です。

絵本には、たくさんの事象や心象が描かれていて、子どもの質問に答えたり説明しながら絵本を読むと、どんどん言葉を吸収していくのがよくわかるかと思います。

子どもに絵本を読み聞かせしながら、子どもと一緒に笑ったり、子どもの疑問を解説して伝えたりする時間は、とても楽しい時間です。

絵本を親子のコミュニケーションツールとして、一緒に共有してみてください!

また半年後くらいに娘が好きになっている本を紹介したいと思います。

2歳から3歳にオススメの絵本を本ブログで紹介

このブログでは、これまでの2歳〜3歳の子どもにオススメの絵本を紹介してきました。

娘が2歳のとき、2歳半のとき、3歳のとき、3歳半のときと、その時その時に喜んで読んでいた絵本を紹介した記事です。

2歳〜3歳の子どもに絵本を読み聞かせてきた経験から、オススメの絵本ばかりなので、一緒に読み聞かせしてみてください!

子どもの年齢ごとにオススメの絵本を紹介した記事

絵本や知育おもちゃで子どもの成長を育む

子どもの成長を促すには、絵本と共に知育おもちゃで遊ぶこともオススメです。

知育おもちゃは、子どもの脳を刺激するような学習効果の高いおもちゃなので、子どもが楽しみながら自然と学べるところが魅力です。

知育おもちゃを毎月レンタルするおもちゃのレンタルサブスクサービスの中で、個人的には「おもちゃのサブスク」がオススメです。

2ヶ月に6個の知育おもちゃを最も安くレンタルできるのに加えて、絵本を2冊プレゼントでもらえるので、プロが選んだ子どもの成長に合わせたおもちゃと絵本で遊べるサービスです。

どんなおもちゃや絵本が送られてくるのかといったワクワク感もありますしね!

おもちゃのサブスクを体験したレビュー記事があるので、読んでみてください!

おもちゃのサブスク体験レビュー

おもちゃのサブスク体験レビュー総額15623円分の知育玩具を大公開『おもちゃのサブスク』が高評価の理由【体験レビュー&口コミ】


おもちゃのレンタルサービス主要6社を比較して、どうして『おもちゃのサブスク』を選んだのかを書いた記事もあります。

おもちゃのレンタルサービス主要6社の徹底比較!2022年一番お得なレンタルおもちゃサービスは?

おもちゃのサブスク比較2022年おもちゃのサブスクを徹底比較して選んだ結論【2022年版】

面白い絵本はたくさんある!オススメ絵本を紹介した記事

今回は3歳から4歳にオススメの絵本を紹介しましたが、1歳向け、2歳向け、3歳向けの絵本も紹介しています。
興味のある方はぜひ読んでみてください!

この記事は、毎月更新している「パパの育児コラム」のVol.43でした。
過去の育児コラムは下から読むことができるので、興味のある方は読んでみてください。