【おもちゃのサブスク】知育玩具の主要レンタル5社を比較【2021年最も安いのは?】

ママ

話題の「おもちゃのサブスク」を試してみたいけど、サイトがたくさんあって、どこで申し込めばいいか迷ってしまう・・・。

知育おもちゃでたくさん遊んでほしいけれど、金銭的にかかりすぎるので安いサブスクってあるの?

 

おもちゃのサブスクをご存知ですか?

知育玩具と呼ばれる”子どもの脳を刺激するおもちゃ”をレンタルするサービスで、最近かなり流行っているのか多くのメディアで紹介されています。

この記事では、おもちゃのサブスク(レンタル)の主要5社を比較し、あなたに合った「レンタルおもちゃサービス」を紹介します。
僕も2歳の娘と遊ぶために、申し込んでみようと思います。

 

おもちゃのサブスクサービスはいくつもあるので、主要5社を比較し、紹介します。
主要5社は「Cha Cha Cha(チャチャチャ)」「IKUPLE(イクプル)」「キッズ・ラボラトリー」「Toysub!」「TOYBOX」です。

とりあえず、調べたまとめ表を貼っておきます。
詳しい比較は、後ろのほうでまとめてあるので、興味のある方は見てみてください。
僕は初月無料で楽しめる「Cha Cha Cha(チャチャチャ)」で、おもちゃのサブスクを体験してみたいと思います。

おもちゃのサブスク比較表
■娘が生まれてからの成長を毎月エッセイにしています。
よかったら読んでみてください。

 

おもちゃのサブスクって、なに?【おもちゃのレンタルサービス比較】

おもちゃのサブスクとは、おもちゃのレンタルサービスのことです。

毎月定額で料金を支払い、送られてくるおもちゃをレンタルして遊ぶことができます。

おもちゃは知育玩具と呼ばれるもので、子どもの脳を刺激するような学習効果の高いおもちゃです。
専門の知識をもった保育士やプランナーが、国内や海外のデザイン性のあるおもちゃを選び、届けてくれます。
また、自宅にあるおもちゃをヒアリングし、重ならないような配慮であったり、子どもの好みを知ったうえで自分で選ぶこともできます。

IKUPLEのおもちゃ例

おもちゃのサブスク”IKUPLE”より

おもちゃのサブスク”ChaChaCha”より

おもちゃのサブスクとは?

  • おもちゃのレンタルサービス
  • 毎月定額で5個前後のおもちゃを使える
  • おもちゃは知育玩具
  • 専門の知識をもった人が選ぶ or 自分で選べる

おもちゃサブスクのメリット・デメリット【おもちゃのレンタルサービス比較】

ママ

おもちゃをサブスクでレンタルするメリットってあるの?
どうせなら買ったほうがいいんじゃない?

おもちゃをサブスクでレンタルするうえで、メリット・デメリットがあるので、口コミなどを整理してみます。
どの業者でも、おもちゃサブスクのメリット・デメリットは変わらないので、まとめて書いていきます。

  • 親が楽しそう!と思っても、子どもが興味を示さないものもあるし、実際に手にとって遊んでみないとわからないので、お試しができるのはとても良い。
  • 近隣に知育玩具を扱うお店が少なく、インターネット通販では質感まではわからなかったので、レンタルできるサービスはとても有り難かった。
  • 自宅がマンションで収納にも限りがあるため「レンタルだから家におもちゃが溜まらない」という点も魅力に感じました。
  • 子供の発達とおもちゃの関係をよく理解しているプランナーさんがおもちゃを選んでくれる

いろいろな口コミがありますね。
それでは、メリット・デメリットをまとめていきます。

 

おもちゃをレンタルするメリット
  • 月齢に合わせた色々なおもちゃが届く
  • 高価な知育玩具を使える
  • おもちゃが増え続けないので部屋がスッキリする
おもちゃをレンタルするデメリット
  • 新品のおもちゃでない事がほとんど
  • 毎月固定費がかかる
  • 2ヶ月に1回のおもちゃ交換は少なく感じる?

デメリットで書いた「新品じゃない」という点についての補足です。

このご時世ということもあって、各社のHPは衛生面にはかなり力を入れていることをアピールしています。
しっかりとした除菌を約束しているので、衛生面で心配な方はご安心ください。

【おもちゃサブスク主要5社】料金・特徴を徹底比較

今回おもちゃのサブスクを比較する会社は、おもちゃレンタルサービスの主要5社です。
もちろん、検索すればすぐに出てくる会社ばかりです。

 

今回は比較を、①キャッチコピー、②料金、③おもちゃの交換頻度、④おもちゃの種類、⑤サービスの特徴の4つの視点から比較していきたいと思います。

 

1.Cha Cha Cha(チャチャチャ)

①キャッチコピー
適齢に合ったおもちゃが4〜7点定期で15000円相当分が毎月届く!

②料金
月額3410円(税込み)

③おもちゃの交換頻度
2ヵ月に1回おもちゃの交換が可能。また2カ月以内でも交換したいおもちゃがある場合、往復送料はお客様ご負担で可能。

④おもちゃの種類
0歳(追視を促す、指先の微細運動、音遊び)
1歳〜2歳(つまむや積む、指先の微細運動、真似遊び)
2歳〜4歳(記憶力、集中力、創造力)
〜6歳程度まで

⑤サービスの特徴
月齢や性格、個性に応じて、子どもにあったおもちゃ選びを保育士や教員など7人の教育現場のプロが選定。
初月無料
破損や汚れの弁償は一切なし
ヒアリングをもとに、専任の保育士等有資格者が個別に合ったおもちゃを選定。

Cha Cha Cha(チャチャチャ)の公式サイトはコチラへ

 

2.IKUPLE(イクプル)

①キャッチコピー
おもちゃ探しの旅にでよう

②料金
おもちゃ6点プラン:月額3700円(税込み)(1日 円)
おもちゃ3点プラン:月額2490円(税込み)(1日 円)

③おもちゃの交換頻度
最短2ヵ月に1度の配送・返却のサイクル

④おもちゃの種類
0歳:物を叩いたり、いじったり(ベビージム、ドラム、手押し車)
1歳〜2歳:全身を動かし、身近なものに触れる(木琴、形あわせ、スロープ)
2歳〜3歳:大人の行動をまねたり、ままごとなどのごっこ遊び(ままごと、積み木、パズル、木製レール)

⑤サービスの特徴
国内外のおもちゃから、おもちゃコンサルタントが厳選。気に入ったものはそのまま延長・購入も可能
新規入会キャンペーンが2021年5月まであったが現在は終了のため、なし。
生活に必要な日用品を会員価格にて提供

 

IKUPLE(イクプル)の公式サイトはコチラへ

 

3.キッズ・ラボラトリー

①キャッチコピー
こどもの”楽しみ”と”学ぶ心を”
パパやママの”発見”や”応援”を

②料金
2ヶ月に1回おもちゃ交換で、4〜6点:月額2574円(税込み)(1日86円)
毎月おもちゃ交換で、5〜7点:月額4378円(税込み)(1日146円)
+お届け時に配送料1100円

③おもちゃの交換頻度
上記の通り、2ヶ月に1回か、毎月交換かによって料金が異なる。

④おもちゃの種類
0歳(子供の五感を刺激するベビージム幼児の手にも握りやすくふると鈴やビーズの音が鳴って興味を惹きつけるラトル)
1歳〜 ルーピングで種子の器用さを身に付けたりベビードラムや茂木など音の出るおもちゃ。形合わせスロープなど
2歳〜(木製レールと電車のセット木製のおままごとセットなど情緒や社会性を育むごっこ遊びができるおもちゃが中心
3歳〜 マグフォーマーを始めとした磁石ブロックや大人も楽しめるレゴブロック平面から立体色彩感覚など創造性を引き出す玩具
4歳〜(クアドリらは木製レールとブロックを組み合わせ、ビー玉の道を作り転がすなど少し複雑な玩具

⑤サービスの特徴
・専属の「おもちゃコンシェルジュ」が子どもの性別、年齢、月齢、季節、家庭環境などの要因に合わせて、国内外の厳選したおもちゃをプランニング。
・おもちゃの返却期限はなし
・要望をできるだけ反映し、持っていないおもちゃをお届けする

 

キッズ・ラボラトリーの公式サイトはコチラへ

 

4.Toysub!(トイサブ)

①キャッチコピー
利用者1万人突破 国内最大級 お客様継続率97%
お子様の成長にあわせたおもちゃ・知育玩具を毎月定額でレンタル

②料金
月額3674円(税込み)(送料無料)
6ヶ月コース 5%オフ
12ヶ月 10%オフ

③おもちゃの交換頻度
2ヶ月に一度おもちゃを交換
おもちゃの点数は0-4歳未満は6点、4-6歳未満は5点です。
送料無料! 返却期限・延滞料金なし

④おもちゃの種類
積み木、トラックコース、ごっこ遊び、カラーペグ、ハンマートイなど多岐に渡る。
自然の温もり、立体感覚、色彩能力などを刺激するおもちゃを厳選。

取り扱いが無いおもちゃとしては大型遊具、お風呂用のおもちゃ、キャラクターがついたおもちゃ、映像作品など。

⑤サービスの特徴
国内最大級
お申し込み時に手持ちのおもちゃを申請すると、重複しないようプランを作成してくれる。
借りたいおもちゃをリクエストできる。
破損しても原則弁償なし。
送料無料、返却期限、延滞料金なし。

 

Toysub!の公式サイトはコチラへ

5.TOYBOX

①キャッチコピー
個性に合わせておもちゃをセレクト
LINEでフィードバック

②料金
スタンダード月額3278円(税込み)(送料無料)
プレミア月額3608円(税込み)(送料無料)→やり取りの中でおもちゃの変更ができます。

③おもちゃの交換頻度
4~6個のおもちゃ(総額約15000円分)を最短2か月で交換できる
おもちゃの点数は0-4歳未満は6点、4-6歳未満は5点。

送料無料、返却期限・延滞料金なし

④おもちゃの種類
創造的な欧州玩具、英語に触れる米国玩具、木のぬくもりを知る日本玩具など国内外の知育玩具

⑤サービスの特徴
知育玩具の要望等を担当のプランナーにLINEで伝えられるため、子どもの個性にマッチしたおもちゃがセレクトされる。
おもちゃプランのミスマッチが少ない。
通常の遊び方をした上での破損・汚染は無償。紛失の場合のみ割引価格でのお買い取り。

 

TOYBOXの公式サイトはコチラへ

 

【おもちゃサブスク主要5社】レンタル料金・特徴を徹底比較:まとめ

以上がおもちゃのサブスクの比較まとめでした。
もう一度、まとめ表を貼っておきます。

料金 交換頻度 特徴
Cha Cha Cha 3410円/月 2ヵ月に1回
往復送料負担で2ヶ月以内でも交換可能。4〜7点。
初月無料
破損や汚れの弁償は一切なし
ヒアリングをもとに選定
IKUPLE 6点プラン:3700円/月
3点プラン:2490円/月
最短2ヵ月に1度の配送・返却。3 or 6点。 生活に必要な日用品を会員価格にて提供
延長・購入も可能
KIDS LABORATORY 2ヶ月に1回おもちゃ交換で、4〜6点:2574円/月
毎月おもちゃ交換で、5〜7点:4378円/月
+配送料1100円
2ヶ月に1回か、毎月交換かによって料金が異なる。数は、4〜7点。 返却期限なし
要望をできるだけ反映し、持っていないおもちゃをお届け
TOYSUB! 3674円/月 2ヶ月に一度おもちゃを交換。数は、0-4歳未満は6点、4-6歳未満は5点。 国内最大級
送料無料、返却期限、延滞料金なし
TOYBOX スタンダード3278円/月
プレミア3608円/月
4~6個のおもちゃを最短2か月で交換。おもちゃの数は4〜6点。 要望等を担当プランナーにLINEで伝えられる。送料無料、返却期限、延滞料金なし

知育玩具の内容については、どこも同じような玩具を用意していると感じました。
なので、「料金」と「おもちゃの個数」のバランスを考えて選ぶこと、おもちゃの「交換頻度」、あとは付加価値である「その他のサービス」なのかなと思います。

おもちゃのサブスクまとめ:料金面とおもちゃの個数

料金面で考えて一番安く使いたいと思えばIKUPLE(イクプル)3点プランで毎月2490円です。だけど、マイナス面としては、他がおもちゃ4〜7個に対して、3個しか使えないので、「お試し」としては、いいように思います。

おもちゃの個数などを考えて同等のサービスの中で一番料金が安いのはTOYBOX3278円/月です。

おもちゃのサブスクまとめ:おもちゃの交換頻度

ほとんど全てのサービスが2ヶ月に1回の交換を基本としていることで統一されています。

少し多くお金を払ってもいいから、とにかくたくさんの知育玩具を試したいという方にはキッズ・ラボラトリーがオススメです。
5〜7点のおもちゃが届き、希望ならば毎月交換することができます。成長が早く、飽きやすいお子さんにはピッタリのサービスかと思います。料金は若干高めで4378円/月ですね。

また、Cha Cha Cha(チャチャチャ)は、往復の送料を負担すれば、2ヶ月以内でも交換することができるので、同じようにたくさんのおもちゃを試すことができます。

この辺りは、子どもと親のニーズがどこにあるかによって変わるかと思うので、各家庭で相談してみてください。

おもちゃのサブスクまとめ:その他のサービス

おもちゃのサブスクが多くの業者が参入してきたこともあって、どこも同じようなサービスが展開されるようになってきています。
その中で、付加価値として各社でいろいろな取組みをしているので、まとめていきます。

まず、Cha Cha Cha(チャチャチャ)は、初月無料なので、とりあえずおもちゃのサブスクを試してみたい!という方にはピッタリです。僕も。これで試してみようと思っています。

TOYBOXは、おもちゃの要望をLINEで連絡することができるので、気軽に使え、子どものニーズに合ったおもちゃを選んでもらいやすいというプラス面があります。

Toysub!は、国内最大級の運営ということもあって、安心感がありますよね。

おもちゃのサブスクまとめ:僕の結論

今回調べてみた結果、どの会社もほとんど同じサービスになってきていることがわかります。
料金が月に数百円違うだけですね。

とりあえずCha Cha Cha(チャチャチャ)の初月無料サービスを活用して、おもちゃのサブスクを試してみようと思います。

IKUPLE(イクプル)も5月までは初月無料キャンペーンをしていたのですが、終了していることもあって、Cha Cha Chaもいつ終わるかわからないような状況が予想されます。その前に、とりあえず申し込んで、初月無料で試してみようと思います。

長文を読んで頂いて、ありがとうございました。

Cha Cha Cha(チャチャチャ)の公式サイトはコチラへ

 

<各社のサイト>





おもちゃのサブスク5社比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です