2歳10ヶ月の娘が、保育園で影響を受けたこと

SOGEN

SOGENです。ツイッターもやってます。写真・本・旅関係の発信が多いです。お問い合わせはこちら

 

この記事では、「2歳10ヶ月になる娘の成長記録」を綴っています。今月は「はらぺこあおむし」と「ミュークルドリーミー」にハマっています。

 

このブログでは、隔週で娘の成長記をまとめた記事を書いています。「娘の成長記録(毎月更新)」にカテゴリーで分類していので、ぜひ読んでみてください。当たり前ですが、どんどん成長していきます(笑)

2歳10ヶ月の子ども(女)の発達って、どんな感じ?

父親Cさん

2歳10ヶ月の子どもって、どんな発達段階なの?
ほかの子どもと接することがないから、参考にしたい

この記事では、2歳10ヶ月になった”我が家の娘”の成長・発達段階について、今月の出来事から父親目線で僕が感じたことを綴っています。
子どもには個人差があるので、参考程度にしてくださいね。

 

前回の記事では、2歳9ヶ月の子どもの成長記録を綴りました。
運動面、コミュニケーション面、情緒面、言葉面、トイレ、生活習慣などをまとめています。

 

2歳10ヶ月の子ども(女)が保育園から影響を受けたこと

2歳10ヶ月になる娘は、保育園に通っています。

僕たちが職場と家の往復をしているように、娘も保育園と家の往復をしていて、彼女にとっての世界は「保育園」と「家」を中心に動いています。

なので当然ですが、保育園の先生や同級生から影響を受けることはとても大きくあります。

「好きなもの」や「遊び」、「言葉」や「着替え」まで、多くの影響を受けています。

今回は、彼女が保育園から影響を受けたと思うことを紹介していきます。

①好きな絵本や歌が増えた

保育園では、家ではしないような歌遊びを多くするんでしょうね。
自宅に帰ってきてから、知らない歌を口ずさむことが多くなってきました。

帰りの会の歌や、手遊びの歌もよく歌っています。
また、「いただきます」の時に、みんなで合わせるフレーズなんかも食事前に言っています。

 

娘は今は「はらぺこあおむし」にハマっているのですが、好きになったのは保育園の影響がとても大きいです。

というのは、我が家では、「はらぺこあおむし」の本は、彼女が1歳になる頃から持っていたんですね。
たまに読み聞かせてはいたんですが、あまりピンとこなかったのか自分から読むことを求めてくることはありませんでした。

そんなときに、保育園で「はらぺこあおむし」の歌を歌いながら絵本の読み聞かせをしてくれたんですね。

そうすると、娘はおぼろげな「はらぺこあおむし」の歌を口ずさむようになり、『はらぺこあおむしの歌ってなんだっけ?』と質問してくるので、僕は慌ててyoutubeを調べて、一緒に口ずさむようになったわけです(笑)

スマホで「はらぺこあおむしの歌がわかるんだ!」と知った娘は、それからよく「見せて!」とねだるようになり、本を読みながら歌を一緒に歌うようになりました。

 

感情豊かすぎで、あおむしが蝶々になったときに「あおむしくんがいなくなっちゃったぁぁぁ」と泣いていましたが、今では「蝶々になれてよかったね」と言っています(笑)


はらぺこあおむし

②言葉やモノマネをするようになった

保育園に通うようになって2ヶ月ですが、娘は同じクラスの15人の名前をほとんどフルネームで覚えたようです。

というのは、お話のときに出てくる名前を妻がスマホにメモしていて、15人の名前が出たからです。
会話の中や、コドモンというアプリでの連絡帳から「◯◯くん」と娘が口にすると、妻はせっせとメモしていました(笑)

そうすると、何度も名前をだす同級生の名前をこちらも自然と覚えるようになっていき、「今日は◯◯くんと遊んだの?」とか、「今日は誰の隣で給食を食べたの?」とか、質問ができるようになっていきます。

娘は保育園でのことを時には必死に話すし、時には関心なく話さないのですが、そうやって周囲に関心をもつことはとても良いことなのかなと思っています。

 

また、その流れで保育園での朝の会のモノマネをよくしています。

「それでは、お名前を呼びまーす。今日は誰からかな?」「◯◯ちゃーん!」と、先生のマネをしたと思ったら、「はーい!」と◯◯ちゃんのマネもしています。

すると、「△△くーん」と続き、「はいっ!」と、ちょっと返事の言い方を変え、声が低くなったりします。

けっこうバリエーションが豊かで、こちらも思わず笑ってしまいます。

保育園での活動を通して、周囲をよく見て、言葉をよく聞き、吸収しているのだなと感じます。

③着替えやトイレ

保育園では、基本的には自分で着替えをしているようです。また、トイレも時間を決めて毎日便座に座っているようです。

家では着替えなんかはついついこちらがやってしまうことも多いのですが、そうやって保育園で「できる」の幅を増やしていってもらえるのはとてもありがたいです。

保育園での娘の様子をチラ見し、同じ方法で娘に促すと、せっせと着替えられるんですよね。
自信満々の表情で「できた!」と言う姿が、とても可愛らしいです。

 

また、「トイレに行く!」と、自分から言って便座に座ることも増えてきました。

今月も何回か成功し、徐々に自信をつけているようで、焦らせずに「できた体験」を積み重ねていきたいと思っています。

2歳10ヶ月の子ども(女)が保育園から受けた影響のまとめ

2歳10ヶ月の娘が、保育園から影響を受けたことをまとめてみました。
きっとこれから、もっと周囲のことに関心をもつようになり、吸収し、自分のスキルとしていくのだと思います。

こうやって日々成長していく娘の成長記録を綴っていきます。2週間後に、娘についてはまた書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です