【3歳】子どもが20歳になるまで毎年必ず贈る誕生日プレゼント【パパの育児コラム Vol.33】

毎月更新している「パパの育児コラム」のVol.33です。
子どもには、20歳まで毎年贈る誕生日プレゼントを決めています。この記事では、娘が3歳になったので、今年も贈った誕生日プレゼントの紹介と、娘の反応をこれまでの3年間を通して振り返っていきます。

 

■過去の育児コラムは下から読むことができるので、興味のある方は読んでみてください。

 


※七五三のメイキング映像を作りました。よかったら見てください。

【3歳】子どもに20歳まで毎年贈る誕生日プレゼント

母親Aさん

3歳の子どもへ贈る誕生日プレゼントはなににしよう?

娘が3歳になりました。

娘にとって3回目の誕生日となったのですが、我が家では毎年子どもの誕生日プレゼントに、フォトブックをプレゼントすることにしています。

決まったサービスの、決まったフォーマットの、決まったプレゼント。
その一年の出来事の写真と言葉が詰まったアルバムを、一冊ずつ娘に贈ることを20歳まで続けようと誓っています。

未来を考えたときに、誰にとっても幸せになるプレゼントだと思うので、ぜひ共有させてください。

photobackのフォトブックBUNKO

 

どうして誕生日プレゼントにフォトブックを贈っているの?

フォトブックをプレゼントする理由は?

思い返せば1歳の誕生日を迎えたときに、フォトブックを贈ろうと思いついたんですね。
娘が20歳になるまで、毎年の写真と言葉を贈りたいと思ったことがきっかけでした。

娘が1歳になったときに書いた文章が今も気持ちの全てを言い得ているので、転記させてください。

 

自分が大切にしていることを、娘にプレゼントしよう。
おもちゃや絵本や靴もいいけれど、彼女がもう少し大きくなった時に彼女のことを救ってくれるプレゼントを送ろう。

その瞬間の僕にしか撮ることができない写真と、その瞬間の僕にしか書けない想いを書いた。
きっといつか忘れていくような感覚や記憶が、そこには刻まれている。

僕が将来どんな偉大な写真家や小説家になったとしても、その時の鮮度をもった写真を表現することは難しい。
いつかの自分には決して表現することができないような一年間の記録を、娘に送ろう。

きっとそれは、いつか彼女がなにかに困ったときや悲しんだ時に、彼女を救ってくれるものになり得る。

そんなことを考えながら、娘に向けたメッセージを書いた。

今この瞬間にしかない気持ちを、未来の娘に記録として残したいという思いがあって、このフォトブックを作り続けることを決めました。

とてもオススメなので、ぜひ作ってみてください。

どんなフォトブックを選んでるの?

フォトブックは市場に溢れているので、どこのフォトブックを作ろうかと迷う方も多いかと思います。

僕が絶対的にオススメなのが、Photobackです。

どうして、Photobackがオススメなのか?
3つのオススメポイントがあります。

こんな人にオススメの記事
  • 写真と言葉の相性がいいデザイン
  • 種類が豊富
  • 20年後もなくならなさそう

まず、デザインがオシャレですよね。
僕としてはどうしても写真だけでなく言葉を残したかったので、写真と言葉を残せるようなフォトブックを選びました。

そして、Photobackは種類が豊富なのも魅力的です。
写真中心のものや、大判のもの、厚紙のものなど、大小7種類のフォトブックから選べて、自分に合ったものが選べます。

最後に意外と大切なのが、20年後にもこのサービスが残っているかというところ。
これから20年間娘にプレゼントし続けることを考えたときに、途中でサービス終了なんてことになったら残念で泣いちゃうよ。
13年目で急に「サービス終了しました」みたいな悲劇にならないでほしい。ってことで、もう既に実績も多くあるPhotobackはオススメです。

Photoback(文庫サイズのフォトブック・BUNKO)

【まとめ】子どもへの誕生日プレゼントはフォトブックがオススメ

毎年毎年同じプレゼントを贈っていると、プレゼントに対しての娘の反応がどんどん変わってくるのがとても面白いです。

1歳のときはなんとなく眺めるだけだったのが、2歳のときは写真を見て話すようになっていて、3歳の今回はじっくり読んでその時その時の感想をいっぱい話してくれました。

嬉しいですね。
誕生日、おめでとう。また来年ですね。

 

■過去の育児コラムは下から読むことができるので、興味のある方は読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です