2歳の子どもが20歳になるまでに毎年贈る誕生日プレゼント


子どもにどんな誕生日プレゼントを贈っていますか?

僕は、子どもが20歳になるまでずっと贈ろうと決めている誕生日プレゼントがあります。
今回は「2歳になった娘に贈る誕生日プレゼント」について綴っています。

娘が20歳になったときの姿を想像し、毎年コツコツとプレゼントとして贈っています。


この記事は、毎月更新している「パパの育児コラム」のVol.16です。
■過去の育児コラムは下から読むことができるので、興味のある方は読んでみてください。

※1歳になったときと3歳になったときの記事です。よかったら読んでみてください※

子どもが2歳の誕生日を迎えた

娘が2歳になりました。

予定よりも5週間早く、1645グラムで産まれた娘は、最初の1か月を病院で過ごしました。保育器の中の娘は、少しでも力を入れれば脚がポキンと折れてしまうんじゃないかと思うほど細く、心配は尽きませんでした。

保育器に入る娘

過去の写真を見ると過ぎていった時間が思い出されます。

3時間に1度必ず起きて泣いていたこと、洗面台にビニール風呂を置いて沐浴させていたこと、ミルクを飲ませてからのゲップがなかなか出ずに吐いていたこと。

それらは今となっては随分昔のことのように感じるけれど、写真を見返すと、まるでつい先月のことのように思い出されます。
そんな写真を眺めながら娘を見ると、とても幸せな気持ちになれます。

子どもに贈るおすすめの誕生日プレゼントはフォトブック

僕は娘が産まれてから毎日娘の顔写真を撮り、それを動画や写真にまとめています。

毎年誕生日にその1年の成長や出来事を記録し、写真と一文エッセイを綴ったフォトブックをプレゼントすることを決め、今年もせっせと作成しました。

►参考:娘の1歳の誕生日に送るプレゼント
►参考:3歳の誕生日プレゼント|親から子どもに毎年贈る誕生日プレゼント

1日1枚子どもの写真を撮る

まだ2歳なのでこれが2冊目で、3歳になれば3冊、10歳になれば10冊たまることになります。

フォトブックはPhotobackのものを選んでいます。

Photobackのフォトブックは、写真と文章が記録できるのが特徴で、僕たち親の言葉を残すことができます。
今、僕が感じていることを綴ることができるのはとても貴重で、いつか娘が大きくなったときに読む日を楽しみにしています。

\Photobackは本のようなフォトブック

おしゃれな写真プレゼント①フォトブックPhotoback

Photobackの公式サイトへ

アプリをインストール

先ほども書いたように、その時は当たり前だったけれど後々忘れてしまうようなことや、忘れたくない成長過程を意識的に掲載することにしています。

例えばこんなこと。

子どもの誕生日にプレゼントしたフォトブック

毎日風呂上がりに絵本を読んでいたこと。
気がついたらティッシュの山になっていたときのこと。

子どもの誕生日にプレゼントしたフォトブック

小さな頃からしろくまちゃんのほっとけーきの本を読んでいたけれど、初めて本物のホットケーキを作ったときのこと。
その後、しろくまちゃんのほっとけーきは暗唱できるようになりました。

子どもの誕生日にプレゼントしたフォトブック

自分で選んだお気に入りの長靴を履いていたときのこと。
外を眺めていたので、なにが見えるか尋ねると「かぜ!」と答えたときのこと。

子どもの誕生日にプレゼントしたフォトブック

トマトやナスの収穫に行き、満面の笑みを浮かべていたときのこと。
娘はトマトが大好きになった。僕は嫌いだけれど。

僕は娘の成長を1ヶ月ごとに綴るようにしています。

実はこのブログの記事がフォトブックの言葉を綴る際にとても役に立っていて、毎月娘の成長とともに日々の出来事を記録しているのはその時に振り返りやすくなるようにするためでもあったりします。

記録することは僕たちができる最も贅沢な遊びの一つで、記録を見返すことで人生が豊かになると本気で思っています。このブログのタイトルも、その考え方の影響が強くでています。

毎年続けるこのフォトブックは、きっと将来娘のことを救ってくれると確信しています。

僕や妻がいなくなったとき、娘が孤独を感じたとき。
きっとこの言葉と写真が、娘の心を潤してくれる。

そんなことを信じ、記録することを続けていきたいと思います。

1歳から2歳になった子どもの変化をフォトブックにまとめる

1歳になったときに渡したフォトブックは扱い方が危なかしくて、力の加減がわからず、破けてしまいそうになっていました。

子どもの誕生日にプレゼントしたフォトブック

2歳になった今は、その本を何度も読んで写真の出来事を伝えてくれています。
まだ1ページずつゆっくりとはめくれないけれど、きっと来年には変わっているはずです。

娘の誕生日は僕たち夫婦にとっても節目の1日であって、僕と妻が父と母になった日でもあります。

娘を寝かしつけた後に、妻とお祝いをしようと思ったけれど、僕は娘を寝かしつけたところで一緒に寝てしまいました…。

また来年ですね。
娘に写真と言葉を渡すのを毎年の楽しみにする習慣、オススメですよ。

おすすめのフォトブックはPhotoback

Photobackは、おしゃれなフォトブックを作りたいと思ったときに特にオススメのフォトブックです。

マット用紙を使用しているので、安っぽいテカテカした紙質ではなく落ち着いた雰囲気の色合いになるのが特徴で、写真のプロにも選ばれている質の高いフォトブックです。

他社と比べて少し値段は張る商品もありますが、せっかく作るフォトブックなので、思い出をより鮮明でオシャレなデザインにしたい!と希望している方にとっては、特にオススメですね。

フォトブックの種類も7種類あり、それぞれのニーズに合ったフォトブックを作れますよ!

宗玄さん
宗玄さん

実際に僕もフォトブックを作るときはPhotoback一択です。

オススメのフォトブックphotobackの高級フォトブックFOLIO

プロも認める”本”のようなフォトブック
1冊1000円から作れる!

Photobackの公式サイトへ

アプリをインストール

Photobackについての詳細な情報は、『おすすめのフォトブックはPhotoback|プロが体験して推薦する圧倒的に美しいフォトブック』にまとめたので、ぜひ読んでみてください!

フォトグラファーが推薦するフォトブック『Photobackの徹底解説』写真家が推薦するおすすめのフォトブックPhotobackの魅力を徹底解説

 

■過去の育児コラムは下から読むことができるので、興味のある方は読んでみてください。

おすすめの記事