フォトコンテスト入選マニュアル①-入賞しやすい写真を撮る-

この記事では、『フォトコンテストで入賞・入選するための方法』を解説した連載記事です。
第1回目の今回は、「入賞しやすい写真を撮る」ということについて書いていきます。

 

このブログでは、「フォトコンテストで入選・入賞するために」というシリーズを連載しています。

フォトコンテストで入選・入賞するための攻略法を書きました

フォトコンテストで入賞するための記事の信憑性

SOGEN

SOGENです。これまで大小合わせると10以上の写真コンテストで賞を頂きました。ギャラリー主催の公募展で入選し、写真展を開催してもらったこともあります。

最初にこの記事の信憑性を確保するためにお伝えしておくと、僕はこれまで大小合わせると10以上のフォトコンテストで賞を頂きました。

そんな僕が、実際にフォトコンテストで入選するために、どんな戦略を立て、どんな写真を、どういう理由で選んでいるのかのプロセスをお伝えしていきます。

 

フォトコンテストに応募する際の疑問

さて、本題です。フォトコンテストに応募したことはありますか?

これだけ写真が身近になった現在、コンテストに応募したことがある方や、応募しようと思ったことがある方も多いでしょう。

せっかく応募するからには入選したいと思いますよね。
そんな時にこんな疑問が思い浮かびませんか?

 

写真好きAさん

どうすれば、コンテストで受賞することができるの?
入選するためにコツはあるの?
作品をどう仕上げればいいの?

 

この記事は、そんなあなたの疑問を解消する「フォトコンテストに入選する」ための連載記事です。

 

こんな人にオススメ
「これから写真コンテストに応募して入選したい」
「写真はよく撮るけど、どんな写真をフォトコンに応募していいかわからない」
「これまでフォトコンに応募してきたけれどなかなか受賞しない」

写真コンテスト(フォトコン)で入選するために考えること

写真コンテストに応募し、入選するための過程を細分化すると、以下のような流れになります。

  • STEP.1
    ①よい写真を撮る
    コンテストに入賞するためのスタートライン
  • STEP.2
    数あるコンテストを3種類に分類。自分に合ったコンテストを選ぶ。
  • STEP.3
    コンテストのニーズに合った写真はどんな写真なのかを分析し、セレクトする
  • STEP.4
    印刷用紙やインクによって完成が大きく変化するので、印刷には写真を撮ることと同じくらいこだわる
  • STEP.5
    ⑤作品の意図を伝える
    ステートメントを書いて、あなたの作品を100%理解してもらおう

入選するための過程を分析し、実行すると、これまで受賞できなかったコンテストに入選することができるようになる!・・・かもしれません(笑)
少なくても、受賞する写真への考え方を知ることはできるかと思います。

コンテストに応募しようと思ったということは、きっとあなたにとっての大切な瞬間を撮影した写真ですよね。
自分だけのものにしておくのは、もったいない。

よい写真を撮り、コンテストに応募し、多くの人に見てもらい、さらに写真が好きになってほしい。大人になってから賞状を頂くというのは、とても嬉しいものです。

あなたの写真活動が更に楽しいものになればと思って、この記事を書きました。

 

そして、どんどん写真が好きになって、次のステップとして写真展を開催してほしいですね。
写真展の開催方法については、他の連載記事でまとめているので参考にどうぞ。

はじめて写真展を開きたい方へシリーズ
はじめての写真展入門① 〜会場選択編〜
はじめての写真展入門② 〜写真のセレクト編〜
はじめての写真展入門③ 〜額装編〜
はじめての写真展入門④ 〜宣伝編〜
はじめての写真展入門⑤ 〜会場レイアウト編〜
はじめての写真展入門⑥ 〜当日持参する道具編〜
はじめての写真展入門⑦ 〜写真展開催までのスケジュールや費用編〜

 

フォトコンテストで入選する「良い写真」とは?

写真コンテストに入選するために」シリーズ第1回目のこの記事では「①良い写真を撮る」について書きたいと思います。

写真コンテストに入選するために
  1. 良い写真を撮る←今回の記事
  2. コンテストを選ぶ
  3. 応募する写真を正しく選ぶ
  4. 写真を印刷する
  5. 応募作品の意図を伝える(ステートメント)

写真コンテストに入選するためには、まずは「①良い写真を撮る」ところからスタートします。

ただ、ここで言う「良い写真」とは、一体どんな写真なのでしょう?


①こんな写真?


②はたまた、こんな写真?


③それとも、こんな写真?

3枚の写真で、どれが良い写真なのでしょうか?

みなさんの答えは、どうでしょう?

 

 

恐らく答えはバラバラでしょう。
そう、「良い写真」というものに、答えはないのです。

ただ、それだとこの記事の意味もなくなってしまう(笑)
ということで、「フォトコンテストに入選しやすい写真」という視点で考えたときに、良い写真はどれでしょうか?

 

それは、次回に書く「②コンテストを選ぶ」と深い関わりがあります。

写真コンテストには様々な種類のものがあります。
それこそ初心者向けのものからプロが応募するものまで幅広く存在しています。

「笑顔」を求めているコンテストもあれば、「人との距離感が近すぎる」と評されるものもあるし、「人が写っていないくらいのほうがいい」という審査評のものもあります。
インスタに映えるような写真が入選しやすいコンテストもあれば、インスタで好まれる写真では全く入選しないコンテストもあります。

つまり、「求められる写真はそのコンテストによって異なる」ことを知っておくことが大切です。

写真コンテスト・フォトコンテストで賞をとりやすい写真とは?

さきほどの写真を見返したときに、良い写真はどれですか?と聞かれたら答えはわかれるだろうとお伝えしました。

それでは、どの写真がフォトコンテストで入選しやすいですか?と問うた時はどうでしょうか?

 

答えは、もちろん「コンテストによって異なる」です。

パっと見の見栄えが美しい写真が入選するのかというとそうではなく、コンテストのニーズに合ったものや、審査員の好みによって選ばれる写真は大きく異なります。

なので、あなたの写真に合った「②コンテストを選ぶ」ことがとても重要になります。

「②コンテストを選ぶ」については、次回の記事で書きますが、さきほどの③の写真は第4回世界旅写真展で入選した際の審査総評です。
この審査総評はとてもわかりやすく、きっとヒントが得られる記事になるかと思います。

宗玄浩の代表作

Trinidad

フォトコンテストで受賞するために〜まとめ〜

良い写真ってなんだろう?
ずっと、僕が考えてきたことです。

露出がどうとか、構図がどうどか、フィルターがどうとかは、ここではあえて書きませんでした。

フォトコンテストで受賞するための「良い写真」は、コンテストによって異なります。
それには、写真をたくさん撮って、自分が良いと思ったものと、コンテストの趣旨をマッチングさせることが重要です。

「よい写真」についての考えが深まれば、あなたが写真コンテストに入選することに近づくことになるはずです。

「これから写真コンテストに応募して入選したい」
「写真はよく撮るんだけど、どんな写真を応募していいのかわからない」
「これまで応募してきたけれどなかなか受賞しない」

初めてコンテストに入選するまで、僕もこんな気持ちをもってコンテストに挑戦していました。
あなたがフォトコンに入選し、賞状や景品を頂き、このサイトにご連絡をくださることを楽しみにしています。

(次回に続く)

最後まで読んで頂きありがとうございました。

写真印刷承ります
ピクトリコラボに頼むのは、さすがに高い!という方には、展示会でプリントの美しさを褒めて頂いた経験もある僕が、A4サイズ1枚396円(税込)で注文を承ります。
もし、興味をもって頂けた方は、問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

►参考:SOGEN HRISOHIお問い合わせフォーム

 

どんどん写真が好きになって、次のステップとして写真展を開催してほしいですね。
写真展の開催方法については、他の連載記事でまとめているので参考にどうぞ。

1番やさしい写真展の開き方入門【知識ゼロから写真展開催まで】

はじめての写真展入門シリーズ
はじめての写真展入門① 〜会場選択編〜
はじめての写真展入門② 〜写真のセレクト編〜
はじめての写真展入門③ 〜額装編〜
はじめての写真展入門④ 〜宣伝編〜
はじめての写真展入門⑤ 〜会場レイアウト編〜
はじめての写真展入門⑥ 〜当日持参する道具編〜
はじめての写真展入門⑦ 〜写真展開催までのスケジュールや費用編〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です