落合陽一さんの教育論・子育て論を解説した本の読書感想文

落合陽一の子育て論・教育論を書いた本

この記事は小学館から出版されている落合陽一さんの著書『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』について書いている読書感想文です。
落合陽一さんが「教育論」や「子育て論」について様々な質問に対して優しく答えていく本です。
例えば、『子どもに「なぜ学校に行かないといけないの?」と言われたら?』や、『幼児教育は何から始めればいい?』といった疑問に、落合陽一さんらしい視点から丁寧に答えています。タイトルの通り、学ぶ人も、育てる人も読んでほしい一冊でした。
その1冊を、より深く『どこよりも詳しい読書感想文』
読書感想文一覧

1)角幡唯介|エベレストには登らない
2)菅俊一・高橋秀明|行動経済学まんが ヘンテコノミクス
3)中田敦彦|中田式ウルトラ・メンタル教本
4)戸田和幸|解説者の流儀
5)石川直樹|この星の光の地図を写す
6)岸見一郎|哲学人生問答
7)渡邊雄太|「好き」を力にする
8)高橋源一郎|ぼくらの文章教室
9)石川直樹|まれびと
10)堀江貴文|英語の多動力
11)森博嗣|作家の収支
12)鈴木敏夫|南の国のカンヤダ
13)森博嗣|森助教授VS理系大学生 臨機応答・変問自在
14)米沢敬|信じてみたい 幸せを招く世界のしるし
15)馳星周|馳星周の喰人魂
16)藤代冥砂|愛をこめて
17)佐藤優|人生のサバイバル力
18)せきしろ|1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった
19)服部文祥|息子と狩猟に
20)ブレイディみかこ|ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
21)河野啓|デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場
22)幡野広志|他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。
23)内山崇|宇宙飛行士選抜試験 ファイナリストの消えない記憶
24)近藤雄生|まだ見ぬあの地へ 旅すること、書くこと、生きること
25)岸田奈美|家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
26)玉樹真一郎|「ついやってしまう」体験のつくりかた
27)村本大輔|おれは無関心なあなたを傷つけたい
28)小松由佳|人間の土地へ
29)服部文祥|サバイバル家族
30)石川直樹|地上に星座をつくる
31)加藤亜由子|お一人さま逃亡温泉
32)沢木耕太郎|深夜特急
33)ブレイディみかこぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2
34)沢木耕太郎|深夜特急第1巻・第2巻
35)沢木耕太郎|深夜特急第3巻・第4巻
36)いとうせいこう|国境なき医師団を見に行く
37)ちきりん|「自分メディア」はこう作る!
38)村上春樹|村上T 僕の愛したTシャツたち
39)鈴木賢志|スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む
40)沢木耕太郎|深夜特急第5巻・第6巻
41)落合陽一|0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書←今回の記事
42)早坂大輔|ぼくにはこれしかなかった。BOOKBERD店主の開業物語|
43)小永吉陽子|女子バスケットボール東京2020への旅
44)辻山良雄・nakaban|ことばの生まれる景色
45)岡田悠|0メートルの旅
46)トム・ホーバス|チャレンジング・トム

落合陽一さんの教育論・子育て論を解説した本を紹介

落合陽一さんの教育論をまとめた本が、『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』です。

落合陽一さんが、自身が受けてきた教育を振り返ってよかった点について語ったり、自分の子どもに対して行っていく子育て論を語ったり、教育をテーマとしたQ&Aが書かれている本です。

デジタル、科学、経営、アートなど多分野で活躍する落合陽一さんが、自分の幼少期に受けた教育や、自分の子どもに対する子育て論を語っている本なので、学ぶ人も育てる人も参考になる一冊です。

子育てをしている親御さんにも読んでもらいたいし、学校で教えている先生にも読んでもらいたいし、学校で学び続けている学生さんにも読んでもらいたい本です。

この記事の後半で、落合陽一さんの子育て論の名言を紹介しますね。

落合陽一著書『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』内容やあらすじを紹介

『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』は大きく3章に分かれています。

『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』の目次
  1. なぜ、学ばなければいけないのか?
  2. 落合陽一は、どんな教育を選び、どう進んできたか?
  3. STEAM教育時代に身に着けておくべき4つの要素

第1章 「なぜ、学ばなければいけないのか?」

第一章では「なぜ、学ばなければいけないのか?」をテーマに、『子どもに「なぜ学校に行かないといけないの?」と言われたら?』や『ディスカッションが苦手。どうしたらいい?』といった疑問に、落合陽一さんの視点から答えていきます。

どんな意識で学び、教えていくのかについて考えられる章となっています。

第2章 「落合陽一は、どんな教育を選び、どう進んできたか?」

第二章では「落合陽一は、どんな教育を選び、どう進んできたか?」をテーマに、自身が受けてきた教育について語っています。

この章では、落合陽一さんがいかに一般家庭とは異なった教育を受けてきたのかがよくわかる章です。
例えば、3才から6才頃まで午前中は幼稚園に行き、午後は月曜日から土曜日まで様々な習い事をして、家庭教師に教わってきたと書かれています。

それらは全て自分でやりたいと言い出し、親からは強制されなかったと書かれていて、自身が幼い頃から大学教育まで受けてきた教育について振り返っています。

第3章 「STEAM教育時代に身に着けておくべき4つの要素」

第三章では「STEAM教育時代に身に着けておくべき4つの要素」をテーマに、これから学び続けていく必要のある領域や意義のようなことが書かれています。

► 『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』へ

『落合陽一さんの子育て論』とは?

落合陽一さんの著書『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』は、落合陽一さんの「教育論」が書かれた本です。

例えば、『子どもに「なぜ勉強しなくてはいけないの?」と聞かれたら?』という質問には、こう答えています。

子どもに「なぜ勉強しなくてはいけないの?」と聞かれたら?

学校で学ぶ数式や漢字も大事ですが、それ以上に学習する訓練を怠っていたら、社会に出たときに新しいことを学習する方法がわからずに、自分の経験を使えない人となってしまいます。たくさん勉強した経験のある人のほうが、新しい物事を習得するのが得意ですし、覚えるまでの期間も短い傾向にあると思います。それは、自分なりの学び方とアウトプットの方法を知っているからでしょう。

教育には、「コンテンツ」と「トレーニング」の2つの要素があります。

「コンテンツ」は、漢字や微分積分や化学式などの内容部分で、「トレーニング」は学び方を学んだり実践したりすることです。

この「トレーニング」の部分は社会に出たときにかなり役立つもので、トレーニングをしていれば、学んだことをアウトプットする方法が身につきやすくなると語っていて、共感する方も多いのではないでしょうか?

もう1つ紹介します。

幼児教育は何から始めればいい?

幼児期に鍛えたほうがよいのは五感だと僕は考えています。6才になるまでに人間の感覚器を刺激し鍛える体験を、まんべんなくさせたほうがよいと思います。目で見えるものや耳に聞こえるものだけでなく、肌で感じるもの、匂い、そして味までを含めた体験です。

子どもが好きな食べ物についても、大人の思い込みで子ども向けのお子様ランチといった先入観に囚われず、体験の機会を狭めないようにしたいと語っています。

『幼少期から子どもに様々な経験をさせただげたい一番の理由は、人間の能力の差の大部分は、経験によってもたらされると考えている』と語っているように、とにかく枠におさめずに、様々なことを体験させたい語っています。

その具体的方法としては、自分の職場を見学させたり、自分の趣味や得意なことを一緒に楽しんだり、家庭教師をつけて専門家とその子にあった個別プログラムを実践したりさせているそうです。

『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』落合陽一の名言・名文を紹介

『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』は、落合陽一さんが教育について考える本です。
その中から特に興味深かった文を引用します。

▶子育てで大事にしていることは「佇まい」

子育てで大事にしていることは「佇まい」でしょうか。それは、芸能人のような特別なオーラを纏えばいいということではなく、家族や身近な人から見た時に、安定感があるとか、優れた集中力を感じさせるとか、やるべきことをやっている雰囲気が常に漂っているオーラを出せるといいなと思っています。

▶本人がやりたがっているなら危険なこと以外はやらせておく

子どもと接する時に心がけていることは、本人がやりたがっているなら危険なこと以外はやらせておく。そして、嫌がることは無理強いしないで、なるべく本人の意図を汲むようにしています。「普通はこうだからこうしなさい」「他の家もこうだからこうしなきゃダメ」ということは絶対に言わないことにしています。

『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』読書感想文

デジタル、科学、経営、アートなど多分野で活躍する落合陽一さんが教育について語った本が「0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書」です。

教育をする側の立場(親や教師)にも、教育を受ける側の立場(子どもや生徒)にも参考になる一冊でした。

特に『幼少期から子どもに様々な経験をさせただげたい一番の理由は、人間の能力の差の大部分は、経験によってもたらされると考えている』といった部分は共感することが大きく、体験によってインプットし、アウトプットする方法を学んでいくのだと実感しました。

確かに自分自身を考えたときも、子どもの頃はもちろん、大人になっても「体験から得る」ことはとても大きいです。
僕が旅から多くのことを学びましたが、旅をしなかったら得られなかったことはとても多くあると実感しています。

経験をしないと自分の枠を広げることは難しく、経験をすることでその枠をあっさりと飛び越えてもっと大きな世界を見ることができる可能性を手に入れられますよね。

子どもを育てる親として、幼少期の今に様々な体験をさせてあげたいと思える一冊でした。

0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書

本の書評・読書感想文まとめ

この記事のように「どこよりも詳しい読書感想文」を書いています。

例えば、教育をテーマとした本の読書感想文としては『鈴木賢志|スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む』や、『森博嗣|森助教授VS理系大学生 臨機応答・変問自在』などがあります。

教育本『スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む』内容と読書感想文 【読書感想文】森博嗣さん著『森助教授VS理系大学生 臨機応答・変問自在』本の内容・感想

他にも超話題となった『ブレイディみかこ|ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』も、広義で教育に関わる本と言っていいような一冊で、全ての人に読んでもらいたい一冊です。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー|ブレイディみかこ 』あらすじと感想【読書感想文】 『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2|ブレイディみかこ 』あらすじと感想

これまでの読書感想文一覧をリンクとして貼っておきますので、興味のある本があればぜひ読んでみてください!

その1冊を、より深く『どこよりも詳しい読書感想文』
読書感想文一覧
1)角幡唯介|エベレストには登らない
2)菅俊一・高橋秀明|行動経済学まんが ヘンテコノミクス
3)中田敦彦|中田式ウルトラ・メンタル教本
4)戸田和幸|解説者の流儀
5)石川直樹|この星の光の地図を写す
6)岸見一郎|哲学人生問答
7)渡邊雄太|「好き」を力にする
8)高橋源一郎|ぼくらの文章教室
9)石川直樹|まれびと
10)堀江貴文|英語の多動力
11)森博嗣|作家の収支
12)鈴木敏夫|南の国のカンヤダ
13)森博嗣|森助教授VS理系大学生 臨機応答・変問自在
14)米沢敬|信じてみたい 幸せを招く世界のしるし
15)馳星周|馳星周の喰人魂
16)藤代冥砂|愛をこめて
17)佐藤優|人生のサバイバル力
18)せきしろ|1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった
19)服部文祥|息子と狩猟に
20)ブレイディみかこ|ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
21)河野啓|デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場
22)幡野広志|他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。
23)内山崇|宇宙飛行士選抜試験 ファイナリストの消えない記憶
24)近藤雄生|まだ見ぬあの地へ 旅すること、書くこと、生きること
25)岸田奈美|家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
26)玉樹真一郎|「ついやってしまう」体験のつくりかた
27)村本大輔|おれは無関心なあなたを傷つけたい
28)小松由佳|人間の土地へ
29)服部文祥|サバイバル家族
30)石川直樹|地上に星座をつくる
31)加藤亜由子|お一人さま逃亡温泉
32)沢木耕太郎|深夜特急
33)ブレイディみかこぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2|
34)沢木耕太郎|深夜特急第1巻・第2巻
35)沢木耕太郎|深夜特急第3巻・第4巻
36)いとうせいこう|国境なき医師団を見に行く
37)ちきりん|「自分メディア」はこう作る!
38)村上春樹|村上T 僕の愛したTシャツたち
39)鈴木賢志|スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む
40)沢木耕太郎|深夜特急第5巻・第6巻
41)落合陽一|0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書←今回の記事
42)早坂大輔|ぼくにはこれしかなかった。BOOKBERD店主の開業物語|
43)小永吉陽子|女子バスケットボール東京2020への旅
44)辻山良雄・nakaban|ことばの生まれる景色
45)岡田悠|0メートルの旅
46)トム・ホーバス|チャレンジング・トム