最高の旅本『深夜特急|沢木耕太郎』のあらすじと魅力を紹介

この記事は、新潮社から出版された沢木耕太郎さんの著書『深夜特急』のあらすじと魅力について書いている記事です。→Amazonはコチラから
バックパッカーのバイブルとまで言われた、最高の旅本です。これを読んで人生が狂った(?)方も多いはず。

 

書評記事一覧

1)角幡唯介|エベレストには登らない
2)菅俊一・高橋秀明|行動経済学まんが ヘンテコノミクス
3)中田敦彦|中田式ウルトラ・メンタル教本
4)戸田和幸|解説者の流儀
5)石川直樹|この星の光の地図を写す
6)岸見一郎|哲学人生問答
7)渡邊雄太|「好き」を力にする
8)高橋源一郎|ぼくらの文章教室
9)石川直樹|まれびと
10)堀江貴文|英語の多動力
11)森博嗣|作家の収支
12)鈴木敏夫|南の国のカンヤダ
13)森博嗣|森助教授VS理系大学生 臨機応答・変問自在
14)米沢敬|信じてみたい 幸せを招く世界のしるし
15)馳星周|馳星周の喰人魂
16)藤代冥砂|愛をこめて
17)佐藤優|人生のサバイバル力
18)せきしろ|1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった
19)服部文祥|息子と狩猟に
20)ブレイディみかこ|ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
21)河野啓|デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場
22)幡野広志|他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。
23)内山崇|宇宙飛行士選抜試験 ファイナリストの消えない記憶
24)近藤雄生|まだ見ぬあの地へ 旅すること、書くこと、生きること
25)岸田奈美|家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
26)玉樹真一郎|「ついやってしまう」体験のつくりかた
27)村本大輔|おれは無関心なあなたを傷つけたい
28)小松由佳|人間の土地へ
29)服部文祥|サバイバル家族
30)石川直樹|地上に星座をつくる
31)加藤亜由子|お一人さま逃亡温泉
32)沢木耕太郎|深夜特急←今回の記事
33)ブレイディみかこ|ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2

「深夜特急|沢木耕太郎」とは、どんな本?


深夜特急(1~6)合本版(新潮文庫)

本好きなSさん

『深夜特急』って、旅好きの人には有名な本だけど、どんな本なの?
古い本だと思うけれど、今の時代に読んでも面白いの?

深夜特急は、ノンフィクション作家の沢木耕太郎さんが、1970年代にインドのデリーからロンドンまでを乗り合いバスで旅をしたときのことを描いた紀行文です。

1986年に発刊された古い本ですが、今でも「バックパッカーのバイブル」と呼ばれていて、多くの旅人に影響を与えた本です。

きっと30代以上で『仕事を辞めて、バックパックを背負い、期間も行く先も未定の旅』に憧れた人の多くは、この本を読んで沢木耕太郎のような旅がしたい、と思ったことでしょう。なにを隠そう、僕もその一人です。

今回、この記事を書くにあたり『深夜特急』を読み返してみましたが、今読んでも全く色褪せることのない不朽の名作です。
なんでこんな鮮度が保たれてるんだろ?もちろん、スマホもないし、インターネットすらないから時代としては全く異なるはずなのに、今読んでも旅のドキドキや楽しさが伝わってくるんですよね。

そんな深夜特急について、あらすじや魅力、どんな旅だったかについて解説していきます。

 

※深夜特急1巻〜6巻まで各巻のあらすじ・内容・ルート・感想をまとめた記事もあるので、興味のある方は読んでみてください。

『深夜特急|沢木耕太郎』のあらすじ・著者の沢木耕太郎とは?

深夜特急のあらすじ

インドのデリーからイギリスのロンドンまでを乗り合いバスで行く」をテーマに、1970年代、著者の沢木耕太郎さんが、ユーラシア大陸横断の旅をした話です。
有吉弘行さんが猿岩石時代にユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅をしていましたが、それの原型になった本でもあります。

 

当時ライターとして既に活動していた沢木耕太郎さんは、仕事を全て放り出し、机の引き出しに転がっている一円玉硬化までかき集め、1900ドルをもって日本を出発。

航空券が2箇所のストップオーバー(2箇所を経由できる)が可能だったこともあって、香港、マレー半島と経由し、インドのデリーへと降り立ちます。
そこから西へ西へとバスを乗り継いで旅を続け、パキスタン、アフガニスタン、イラン、トルコ、ギリシャ、イタリアと進み、ヨーロッパを周った後にロンドンへたどり着く、というお話です。

文庫本では全6巻と長い印象がありますが、1巻200ページほどと文量は薄く、各巻ごとに国や文化が異なるのでとても楽しめるかと思います。

 

現地の方と出会ったり、ギャンブルにはまったり、騙されそうになったり、嬉しい瞬間に立ち会ったりしながら、沢木さんが旅をする中で、自分自身の旅を構築していきます。

そんな沢木耕太郎さんの旅に共感した若者が、「こんな旅をしてみたい」と日本人バックパッカーに大きな影響を与え続けている一冊です。

 

深夜特急の著者・沢木耕太郎とは?

沢木耕太郎さんは、優れた本をいくつも書いてきた日本を代表するノンフィクション作家です。これまでこのブログでも、沢木耕太郎さんの本をいくつも紹介してきました。

 

代表作の『深夜特急』をはじめ、登山家の山野井泰史さんを描いた『』や、ボクサーのカシアス内藤さんを描いた「一瞬の夏(上)」や、写真家のロバート・キャパを追った「キャパの十字架 」があります。

また、小説「春に散る」や、エッセイ「旅のつばくろ 電子オリジナル版」など、ジャンル問わず多数の文章作品を出版しています。

SOGENがオススメする沢木耕太郎さんの本

 

文字作品だけでなく、ストーリーテラー(話し手)としても極めて魅力的で、毎年クリスマスイブの夜に「MIDNIGHT EXPRESS」という一日だけのラジオをしているんだけれど、好奇心旺盛で、間のとり方が絶妙で、聞いていてとても豊かな気持ちになれるラジオです。

今年のクリスマスイブには、ぜひ聴いてみてください。

深夜特急の魅力・深夜特急はどんな旅だった?

深夜特急の魅力は?

深夜特急の魅力は、なんと言ってもバックパッカー的な旅のスタイルにあります。

日本で暮らしているだけでは感じることができない異国の旅。
ただの観光旅行ではなく、自分で全てを決めて自由に旅をするスタイルが、多くの人に憧れと共感を得たのだと思います。

その日泊まる宿も、交通機関も、行動も、旅の期間も、全てが自由で、自分で決めることができる

そんな旅に憧れを抱く方は、きっと少なくないでしょう。

 

深夜特急は、どんな旅のスタイルだった?

1巻の第一章にその旅のスタイルを表した描写が全て描かれていて、最初の章を読んだだけで、沢木耕太郎の旅のスタイルを理解することができます。
例えば、こんな描写。

深夜特急の旅を表現した第一章の描写
  • 日本を出てから半年になろうとしていた
  • 世界各国の旅人と同室の1泊140円のドミトリー(相部屋)
  • 朝、今日どうしようかと考える。だけど浮かばない
  • とりあえずゆっくりとチャイを飲む
  • まだ13時だから仕方なく国立博物館へ行く
  • バスに乗って帰るのだが、バスは満員でさらに疲れる
  • 夕暮れに、1日のほとんど唯一の贅沢としてジュース屋でマンゴージュースを飲む
  • 夕食に70円ほどの煮込み定食を食べる
  • パスポートや現金をを首に巻き、いつもと変わらぬあまり快いとは言えない眠り
  • また朝になってしまった

いかにもバックパッカーらしい1日ですが、1巻の第1章でこの文章があることで、「沢木耕太郎さんの深夜特急の旅のスタイル」がなんとなく浮かんでくる仕掛けになっている。

ここでは箇条書きにで記したけれど、もちろん沢木さんの素晴らしい文章でこれらのなんでもない1日が、魅惑的で刺激的な1日に描かれていて、読む人は一気に引き込まれていく。

この旅のスタイルを、世界各地で魅惑的で刺激的なものとして描写していくことが、深夜特急が多くの人を惹きつける要因なのは間違いない。

帰りは少し披露を覚え、宿の近くまでバスに乗る。超満員のバスにどうにかもぐり込み、かろうじて片手で手すりを掴み、振り落とされないように必死でしがみつく。降りると、さらに披露が激しくなっているのに気が付き、思わずひとり苦笑してしまう。そこで、バザールの入口でささやかな店をはっているジュース屋に寄り、マンゴーをしぼってもらう。私にとっては、一日のほとんど唯一の贅沢が、この夕暮れに飲むジュース一杯であることが少なくなかった。
宿に戻り、ベッドの上で少し休み、陽が沈んでいくらか涼しくなりかかった頃、バザールの食堂に夕飯を食べに行く。
決まって食べるのは七十円ほどの定食である。一枚の大皿の上にすべてがのっかっている簡単なものだ。カレーというよりは野菜の煮込み汁といった方が理解しやすい主催と、チャパティか米飯。あとは、日本の一膳飯屋の定食でいえば味噌汁にあたるダール、沢庵のような役割をもつ生タマネギの切れはし、それにヨーグルトというよりは乳酸飲料に近いダヒーなどがついてくる。
とにかく、そのようにして眼の前に置かれた一日の最初にして最後の豪華な正餐を、まず眼に与え、次に右手の三本の指に味わわせ、それからようやく舌の上に運ぶ。

<深夜特急1巻/沢木耕太郎 より引用>

なんでもない一日を、こんな風に描かれていて、気がついたときにはどっぷりと深夜特急の世界に引き込まれている。

<まとめ>『深夜特急』は、最高の旅本

深夜特急を、最高の旅本として挙げる方も多くいます。
僕自身も、オススメの旅本として紹介しています。

僕は大学生の頃に深夜特急を読み、バックパック旅行をしてみたいと実際に東南アジアやヨーロッパを旅し、そこで出会った旅人に旅の話を聞いたことで、就職後4年で仕事を辞め、沢木耕太郎さんと同じ26歳で長い旅に出ました。

僕が世界を旅したきっかけには間違いなく深夜特急の影響を受けていて、それはつまり僕自身のパーソナリティを形成してきた大きな要因にもなっています。

 

きっとこれは僕だけの話ではなくて、日本中で僕のような深夜特急に人生を狂われた方は多くいて、それはきっと多くの場合にポジティブな影響となっているはずです。

まだ読んだことのないという方は、ぜひ手にとってみてください。


深夜特急(1~6)合本版(新潮文庫)

 

『深夜特急』の評価
面白さ
(5.0)
吸収できた言葉
(4.5)
デザインの美しさ
(5.0)
総合評価
(5.0)

 

せっかく読んだ本をインプットしておくだけでなく、アウトプットすることで、その本からなにを得て、なにを感じたかをまとめています。
興味のあるものがあれば、読んでみてください!

書評記事一覧
1)角幡唯介|エベレストには登らない
2)菅俊一・高橋秀明|行動経済学まんが ヘンテコノミクス
3)中田敦彦|中田式ウルトラ・メンタル教本
4)戸田和幸|解説者の流儀
5)石川直樹|この星の光の地図を写す
6)岸見一郎|哲学人生問答
7)渡邊雄太|「好き」を力にする
8)高橋源一郎|ぼくらの文章教室
9)石川直樹|まれびと
10)堀江貴文|英語の多動力
11)森博嗣|作家の収支
12)鈴木敏夫|南の国のカンヤダ
13)森博嗣|森助教授VS理系大学生 臨機応答・変問自在
14)米沢敬|信じてみたい 幸せを招く世界のしるし
15)馳星周|馳星周の喰人魂
16)藤代冥砂|愛をこめて
17)佐藤優|人生のサバイバル力
18)せきしろ|1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった
19)服部文祥|息子と狩猟に
20)ブレイディみかこ|ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
21)河野啓|デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場
22)幡野広志|他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。
23)内山崇|宇宙飛行士選抜試験 ファイナリストの消えない記憶
24)近藤雄生|まだ見ぬあの地へ 旅すること、書くこと、生きること
25)岸田奈美|家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
26)玉樹真一郎|「ついやってしまう」体験のつくりかた
27)村本大輔|おれは無関心なあなたを傷つけたい
28)小松由佳|人間の土地へ
29)服部文祥|サバイバル家族
30)石川直樹|地上に星座をつくる
31)加藤亜由子|お一人さま逃亡温泉
32)沢木耕太郎|深夜特急 ←今回の記事
33)ブレイディみかこ|ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です