バスケ女子日本代表の本『女子バスケットボール東京2020への旅』あらすじと読書感想文

女子バスケ日本代表の真実

この記事は小永吉陽子さんの著書で女子バスケ日本代表のドキュメント本『女子バスケットボール東京2020への旅《歴史を変えた最強チームの真実》』(ベースボール・マガジン社)についての本の紹介記事です。
東京オリンピックの銀メダル獲得と、その美しい戦いぶりから注目を浴びた女子バスケ日本代表。
トム・ホーバス監督、髙田真希選手や町田瑠唯選手のインタビューはもちろん、女子バスケ日本代表全選手とスタッフにインタビューをし、大会期間中の躍進と葛藤を追ったドキュメント本です。

女子バスケットボール東京2020への旅 《歴史を変えた最強チームの真実》

この記事と合わせて、女子バスケ日本代表のヘッドコーチを務めたトム・ホーバスさんの著書『チャレンジング・トム – 日本女子バスケを東京五輪銀メダルに導いた魔法の言葉』についての読書感想文も書いています。

『チャレンジング・トム』は、チームマネジメントについて書かれた本で、バスケットボール好きはもちろん、スポーツやビジネスでチームを組んでいる方にとってかなり参考になる名言や考え方がたくさん描かれています。

女子バスケ日本代表監督トム・ホーバスの名言集|『チャレンジング・トム』本の紹介

女子バスケ日本代表監督トムホーバスの本「チャレンジング・トム」の書評女子バスケ日本代表監督トム・ホーバスの名言集|『チャレンジング・トム』本の紹介と銀メダルまでのエピソード

バスケ女子日本代表の本『女子バスケットボール東京2020への旅』を紹介

小永吉陽子さんの著書『女子バスケットボール東京2020への旅 《歴史を変えた最強チームの真実》』が発売されました。

東京オリンピックでも最も印象に残った競技として女子バスケットボールを挙げる方も少なくないのではないでしょうか?

準々決勝のベルギー戦での林咲希選手の逆転スリーポイントや、町田瑠唯選手のオリンピック最多記録を作ったアシストの数々、宮澤夕貴選手のスリーポイント…。
トム・ホーバス監督や髙田真希選手、馬瓜エブリン選手はその後にメディアで引っ張りだこになったのも記憶に新しいですよね。

女子バスケットボール東京2020への旅《歴史を変えた最強チームの真実》』は、躍進を遂げた東京オリンピック女子バスケットボール日本代表全選手のインタビューが掲載された、ドキュメント本です。

『女子バスケットボール東京2020への旅』の目次
  1. 第一章 指揮官の旅(トム・ホーバス)
  2. 第二章 牽引車たちの旅(髙田真希・町田瑠唯)
  3. 第三章 シューターたちの旅(宮澤夕貴・三好南穂・林咲希)
  4. 第四章 支えた者たちの旅(本橋菜子・長岡萌映子・馬瓜エブリン)
  5. 第五章 若者たちの旅(宮崎早織・赤穂ひまわり・オコエ桃仁花・東藤なな子)
  6. おわりに (チームマネージャー成井千夏)

『女子バスケットボール東京2020への旅』は、どんな本?内容やあらすじを紹介

女子バスケットボール東京2020への旅』は、東京オリンピック女子バスケットボール日本代表が、歴史的な銀メダルを獲得するまでを追ったドキュメント本です。

《歴史を変えた最強チームの真実》という副題にもありますが、東京オリンピックの日本女子バスケチームは、まさに日本女子バスケ史上最も強くて美しいバスケを展開し、銀メダルを獲得しました。そんな女子バスケチームに迫った本です。

・どうして身長が低い日本の女子バスケットボール代表が銀メダルを獲得できたの?

・東京オリンピックを戦った女子バスケ日本代表選手たちの当時の心境

・選手たちを裏側から支えたスタッフの言葉

僕はバスケットボールが好きで、東京オリンピック女子バスケ日本代表の全試合を見たのはもちろん、いろいろなインタビュー記事や特集を追っていますが、この本で初めて語られた内容もありました。

例えば、オリンピックの1試合アシスト記録を樹立したポイントガードの町田瑠唯選手が、この本で初めて語った「キャプテンの髙田真希選手に花を持たせたかった」という思いには、リオオリンピックで控えだった二人の絆の強さを感じられます。

決勝前日に控え選手3人で泣いたエピソード、スリーポイントシューター二人の大会前の絶不調など、東京オリピック女子日本代表の裏側が描かれていて、読み応え充分です。長年女子バスケを取材してきている著者の小永吉陽子さんだからこそできる取材ですね。

『女子バスケットボール東京2020への旅』、写真も豊富で読んでいて胸が熱くなる本なので、ぜひ読んで見てください!

『女子バスケットボール東京2020への旅』本の書評・読書感想文

僕はバスケットボールを小学校からやっていて、見るのもプレイするのもずっと好きです。

東京オリンピックで女子バスケに注目が集まりましたが、それ以前からアジアカップなどの国際大会はもちろん、親善試合なんかもチェックして、選手やチームの特徴をよく知っていました。
スリーポイントと速いオフェンスを中心とした多彩な攻撃は見ていて面白いし、小さい選手たちが足を使って守るスタイルにも好感を持って、心から応援していました。

もちろん、トム・ホーバス監督が「目標は金メダル」と言っていたことも知っていたので、東京オリンピックの予選リーグ初戦のフランス戦を前に、こんなツイートもしています。

東京オリンピックでの女子バスケのメダル獲得は、高い確率であり得ると思っていたし、応援してきました。
だから、彼女たちが大会で躍動し、注目を集めるようになり、日本中を熱狂させていく姿は、本当に胸が熱くなって、こみ上げてくるものがありました。

そんなバスケットボール女子日本代表の選手たちが、どんなことを考え、どういうマインドで取り組み、銀メダルからなにを得たのかを知れる『女子バスケットボール東京2020への旅』は読み応えがありました。

マネージャーの成井千夏さんが『まるでパズルのピースがすべてハマっていくような、チームが一つの完全体になったオリンピックでした』と語っています。

トム・ホーバス監督が就任会見で「目標は東京オリンピックでの金メダル」と語り、4年間言い続けた。
エースの渡嘉敷選手やガードの本橋菜子選手が大怪我をしたときも、チームが上手く回っていかないときも、「目標は金メダル、あなたたちができる」と接し続けてきたからこそ起きた物語ですね。

それらを遂行した選手たちや、支えたスタッフの熱い思いが実り、本当によかったと思える一冊でした。

女子バスケットボール東京2020への旅 《歴史を変えた最強チームの真実》

東京五輪女子バスケ日本代表ヘッドコーチのトム・ホーバス氏の本

東京オリンピック女子バスケ日本代表のヘッドコーチを務めたトム・ホーバスさんの著書『チャレンジング・トム – 日本女子バスケを東京五輪銀メダルに導いた魔法の言葉』が出版されています。


女子バスケットボール日本代表監督を務めて臨んだ東京オリンピックまでの4年間の旅の舞台裏や、髙田真希や町田瑠唯ら選手との秘話、トム・ホーバス監督の名言などをが描かれた本「チャレンジング・トム」は、バスケットボール好きな方にとってはもちろん、チームマネジメントのヒントにも繋がる一冊です。

東京オリンピックで金メダルを取る」と言い続け、仲間を共通の目標にさせることで周囲が変化していった様子は、きっとマネジメントに悩むビジネスマンにもヒントになる本です。

ぜひ、トム・ホーバスの魔法の言葉に触れてみてください!

チャレンジング・トムの読書感想文も書いていますので、読んでみてください!
女子バスケ日本代表監督トム・ホーバスの名言集|『チャレンジング・トム』本の紹介

女子バスケ日本代表監督トムホーバスの本「チャレンジング・トム」の書評女子バスケ日本代表監督トム・ホーバスの名言集|『チャレンジング・トム』本の紹介と銀メダルまでのエピソード

女子バスケ日本代表(AKATSUKI FIVE)の試合は、どうやって見る?

東京オリピックで銀メダルを獲得した女子バスケ日本代表は、次のパリオリピックでの金メダルを目指すことになります。
東京オリンピックで女子バスケ日本代表を率いたトム・ホーバス監督は男子バスケ日本代表になり、恩塚亨さんが現在はヘッドコーチとして新しいチームを率いています。

女子バスケの国際大会は、オリンピックとワールドカップがメインの大会としてあり、アジアカップがアジアでのメインの大会となります。

2022年現在、直近の次の大会として女子バスケワールドカップ2022(開催地オーストラリア)があり、その出場権を争う予選が2022年2月10日から日本で行われます。

女子バスケワールドカップ2022予選を見る方法

女子バスケ日本代表は、女子バスケワールドカップ2022の予選を戦います。

対戦国は、カナダ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ベラルーシの三カ国で、そのうち3位までがワールドカップへの出場権を獲得します。
(※ベラルーシがコロナの集団感染により入国できず、出場が決定)

女子バスケワールドカップ2022予選の日程
  1. 2022年2月10日 女子バスケ日本代表vsカナダ代表
  2. 2022年2月13日 女子バスケ日本代表vsボスニア・ヘルツェゴビナ代表/li>

日本開催なので、地上波は無理でも、せめてBSでやってくれよ!と思うのですが、残念ながら今回はテレビ放映はCSだけで、インターネット配信が中心です。

女子バスケワールドカップ2022予選を見る方法
  1. CSフジテレビで見る
  2. Yahooプレミアムに加入して、バスケットLIVEで見る
  3. DAZNに加入して見る(初月無料)
DAZN

女子バスケ日本代表の裏側を見られる【INSIDE AKATSUKI】

女子バスケ日本代表の合宿中の様子や、裏側を見られるドキュメントがYoutubeで公開されています。

日本バスケットボール協会(JBA)が作成している【INSIDE AKATSUKI】というYoutubeで、東京オリンピックバスケ代表に密着しているものが大好評だったこともあって、その後のアジアカップ、ワールドカップ予選と続いています。

女子バスケ日本代表選手のキャラクターや個性も知れて、とてもおもしろいですよ!
また、どんな練習をしているのか?合宿中の食事は、なにを食べているのか?コンディションの整え方やストレッチの方法など、日本代表選手が試合に臨むまでのプロセスが知れて、更に応援したくなるはずです。

髙田真希選手のリーダーシップや、林咲希選手や本橋菜子選手がどうしてあんなにスリーポイントシュートが入るのかがよくわかります。
男子の密着や、3X3男女代表の密着もあるので、ぜひ見てみてください!

【INSIDE AKATSUKI】のYoutubeチャンネル

本の書評・読書感想文まとめ

このブログでは、今回のように本の紹介を兼ねた「読書感想文」を書いています。

例えば、今回はバスケットボールやスポーツををテーマとした本の読書感想文としては『渡邊雄太|『「好き」を力にする』|』や、『サッカー解説者・戸田和幸|解説者の流儀』などがあります。

【読書感想文】渡邊雄太さん著『「好き」を力にする』
【読書感想文】サッカー解説者・戸田和幸さん著作「解説者の流儀 」

毎年読んだ本の中から面白かった本を紹介する記事があったりと、このブログでは本を紹介している記事が多くあります。

これまでの読書感想文一覧をリンクとして貼っておきますので、興味のある本があればぜひ読んでみてください!

その1冊を、より深く『どこよりも詳しい読書感想文』
読書感想文一覧
1)角幡唯介|エベレストには登らない
2)菅俊一・高橋秀明|行動経済学まんが ヘンテコノミクス
3)中田敦彦|中田式ウルトラ・メンタル教本
4)戸田和幸|解説者の流儀
5)石川直樹|この星の光の地図を写す
6)岸見一郎|哲学人生問答
7)渡邊雄太|「好き」を力にする
8)高橋源一郎|ぼくらの文章教室
9)石川直樹|まれびと
10)堀江貴文|英語の多動力
11)森博嗣|作家の収支
12)鈴木敏夫|南の国のカンヤダ
13)森博嗣|森助教授VS理系大学生 臨機応答・変問自在
14)米沢敬|信じてみたい 幸せを招く世界のしるし
15)馳星周|馳星周の喰人魂
16)藤代冥砂|愛をこめて
17)佐藤優|人生のサバイバル力
18)せきしろ|1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった
19)服部文祥|息子と狩猟に
20)ブレイディみかこ|ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
21)河野啓|デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場
22)幡野広志|他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。
23)内山崇|宇宙飛行士選抜試験 ファイナリストの消えない記憶
24)近藤雄生|まだ見ぬあの地へ 旅すること、書くこと、生きること
25)岸田奈美|家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
26)玉樹真一郎|「ついやってしまう」体験のつくりかた
27)村本大輔|おれは無関心なあなたを傷つけたい
28)小松由佳|人間の土地へ
29)服部文祥|サバイバル家族
30)石川直樹|地上に星座をつくる
31)加藤亜由子|お一人さま逃亡温泉
32)沢木耕太郎|深夜特急
33)ブレイディみかこぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2|
34)沢木耕太郎|深夜特急第1巻・第2巻
35)沢木耕太郎|深夜特急第3巻・第4巻
36)いとうせいこう|国境なき医師団を見に行く
37)ちきりん|「自分メディア」はこう作る!
38)村上春樹|村上T 僕の愛したTシャツたち
39)鈴木賢志|スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む
40)沢木耕太郎|深夜特急第5巻・第6巻
41)落合陽一|0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書|
42)早坂大輔|ぼくにはこれしかなかった。BOOKBERD店主の開業物語|
43)小永吉陽子|女子バスケットボール東京2020への旅←今回の記事
44)辻山良雄・nakaban|ことばの生まれる景色
45)岡田悠|0メートルの旅
46)トム・ホーバス|チャレンジング・トム