【書評】「サバイバル家族|服部文祥」を読んで考えた

この記事は、中央公論新社から出版された服部文祥さんの著書「サバイバル家族」について書いている記事です。サバイバル登山家が、家庭で学歴を重要視する姿が、なんともおもしろい一冊です。

 

書評記事」をカテゴリーで分類していて、様々なジャンルの本を紹介しています。本が好きな方はぜひ読んでみてください。

書評記事一覧
1)角幡唯介|エベレストには登らない
2)菅俊一・高橋秀明|行動経済学まんが ヘンテコノミクス
3)中田敦彦|中田式ウルトラ・メンタル教本
4)戸田和幸|解説者の流儀
5)石川直樹|この星の光の地図を写す
6)岸見一郎|哲学人生問答
7)渡邊雄太|「好き」を力にする
8)高橋源一郎|ぼくらの文章教室
9)石川直樹|まれびと
10)堀江貴文|英語の多動力
11)森博嗣|作家の収支
12)鈴木敏夫|南の国のカンヤダ
13)森博嗣|森助教授VS理系大学生 臨機応答・変問自在
14)米沢敬|信じてみたい 幸せを招く世界のしるし
15)馳星周|馳星周の喰人魂
16)藤代冥砂|愛をこめて
17)佐藤優|人生のサバイバル力
18)せきしろ|1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった
19)服部文祥|息子と狩猟に
20)ブレイディみかこ|ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
21)河野啓|デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場
22)幡野広志|他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。
23)内山崇|宇宙飛行士選抜試験 ファイナリストの消えない記憶
24)近藤雄生|まだ見ぬあの地へ 旅すること、書くこと、生きること
25)岸田奈美|家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
26)玉樹真一郎|「ついやってしまう」体験のつくりかた
27)村本大輔|おれは無関心なあなたを傷つけたい
28)小松由佳|人間の土地へ
29)服部文祥|サバイバル家族 ←今回の記事
30)地上に星座をつくる|石川直樹
31)加藤亜由子|お一人さま逃亡温泉
32)沢木耕太郎|深夜特急
33)ブレイディみかこ|ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2

【書評】「サバイバル家族|服部文祥」とは、どんな本?


サバイバル家族

服部文祥さんは、「サバイバル登山家」という肩書きをもつ不思議な人です。サバイバル登山については後に説明しますが、そんな一般的な常識の外にいる人が、「家庭」という多くの人がもつ世界で、どのようにルールをつくり、生きているのかがわかるエッセイです。

 

とても面白いエッセイだったので、オススメのエッセイ本を書いた記事で、紹介しました。

 

本好きなSさん

「サバイバル家族」は、どんな本なの?
服部文祥さんって、どんな人なの?

Twitterにも書きましたが、笑って、泣けて、あきれて、考えさせられる本です。

服部さんがまだサバイバル登山家になる前に、妻と出会い、長男が生まれ、次男・長女と続いた。
鶏を育てたり、捌いたり、大ネズミの唐揚げ弁当を作ったりしながら子どもたちが成長し、長男が家を出たり、次男が高校を辞めたり、長女が駅伝の主将になったり。

そうした時間を積み重ねをながら、服部家が少しずつ変化していく姿は、どこにでもある家庭の一面をあって、とてもおもしろいエッセイでした。


【書評】「サバイバル家族」著者の服部文祥さんとは?【サバイバル登山家】

服部文祥さんとは?

サバイバル登山家の異名をもつ異彩な登山家。「山に対してフェアでありたい」という考えから、食料を現地調達し、装備を極力廃した「サバイバル登山」のスタイルで活動をしている。情熱大陸での有名な滑落シーンや、amazon primeのカリギュラで東野幸治さんと狩猟を共にした姿などメディアにも多数出演している。著書の「ツンドラ・サバイバル」が最高におもしろい。

 

服部文祥さんは、サバイバル登山家を自称しています。
過去にも服部さんの本はたくさん紹介してきたので、紹介しておきます。

 

クレイジージャーニーに出演したり、Amazon primeでは東野幸治さんとカリギュラに出演し、「東野、鹿を狩る」という番組で鹿を撃っているところが見られます。

 

服部文祥さんは狩猟の様子を撮影したyoutubeチャンネルもあるので、本を読むのはちょっとなあという方は見てみてください。

【書評】「サバイバル家族|服部文祥」の感想

これまで何度か書いてきましたが、この本は「サバイバル登山家」という他にない肩書きをもつ服部文祥という極めて不思議な人の、家族の日常を描いた本です。

婚約していた妻を説得して、結婚するに至った話
子どもが産まれて立ち会ったと思ったら、その足で地域の運動会に行ってリレーを走った話
長男や次男と二人だけで沖縄の自転車をした話

服部さんらしいなと思う話がある一方で、「服部文祥」というキャラクターから外れた「家庭での服部文祥」の描写がとても興味深く感じました。

 

特に、そんな大胆な行動をする人が、自分自身を「偏差値をかなり気にする人」だという評価が、意外だけど正直で、おもしろい。

この本にはこんな描写がありました。

 

祥太郎が高校受験を終え、私がへこんでしまった。たいして偏差値が高くもない志望校に受からなかったからである。へこむ自分を分析して、ますますへこんだ。日頃「人の魅力と偏差値は関係ない」などと殊勝なことを言っている私が、その偏差値を1番意識している矛盾に、祥太郎も気が付いていた。

要するに私は偏差値に弱いのだ。学力と人の魅力が違うと分かっていても、息子が優秀だったら単純に嬉しい。勉強と言うカテゴリーで息子を否定される事は、まるで自分を否定されることに似ていた。

そんな父親の身勝手な気持ちなんて、子どものためにもメディアで書かないであげてくれと思うけど(笑)、まあ、それは置いておいて考えたときに、正直な感想だなと思う。

世間の常識とけっこう外れた行動をしているような人でも、こんな気持ちをもちながら葛藤していることが新鮮だったし、勇気づけられました。

【書評】「サバイバル家族|服部文祥」に記された名言・名文を紹介

僕は本を読んだら気になった文章をノートに書き記す習慣を、もう15年近く続けています。

インプットの吸収率が圧倒的に上がるし、なにより目に見える形で記録されていくことが自分の自信になる。
そんなサイクルが好きで、コツコツと本から気になったことばを集めています。

本書から気になった文章を紹介します。

みんなそれぞれの道を歩いている。子どもたちには幸福になってほしいが、その幸福とは何かがわからない。
おそらく幸福にはこれといった形はなく、小さな悩みを抱えながら幸福を目指して生きることが幸福なのかもしれない。

1つに、先祖が子孫の生き方や性的嗜好にどこまで鑑賞できるのかと言う問題がある。親子の世界観がおおよそ一致していれば良いが、そうでない場合、生き方を押し付けた先には不幸しか生まれない。我が子といえども、一個の存在として正しく敬意を払うなら、人生の重要判断は当人に委ねるべきである。 私だって、親や先祖に生き方など決められたらたまらない。
2つ目に、魅力的になってもらいたいと思って行う干渉が、逆に当人から魅力を奪うという皮肉な現実がある。スポイルと言うやつだ。

これって本当にそうだなあと思います。

親が子どもに、生き方を押し付けた先には不幸しか生まれませんよね。親が「子どものためを思って」と、干渉しすぎてしまうと、子どもは指示を待つだけでなにも考えられなくなるだろうし。

自分がそれを願うように、子どもにも干渉しすぎず、当人に委ねるよう我慢しなければいけないなと改めて思いました。

 

【書評】『「サバイバル家族」|服部文祥』の書評まとめ

エッセイが好きな方、服部文祥さんに興味のある方はぜひ読んでほしいですね。
服部さんの違った一面を見ることができる貴重な一冊です。

オススメします。

「サバイバル家族」の評価
面白さ
(4.5)
吸収できた言葉
(4.0)
デザインの美しさ
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

ほかにも書評記事を書いています

せっかく読んだ本をインプットしておくだけでなく、アウトプットすることで、その本からなにを得て、なにを感じたかをまとめています。
話題の本、僕が興味のある本、オススメの良書を記事としてまとめていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です