【書評】米沢敬|「信じてみたい 幸せを招く世界のしるし」を読んで考えた【世界を旅するイラストブックシリーズ】

この記事では、創元社から出版されている「米沢敬さんの著書『信じてみたい 幸せを招く世界のしるし』の書評記事」です。創元社のシリーズ本は、挿絵もとても美しくて好きな本のシリーズです。

 

書評記事」をカテゴリーで分類していて、様々なジャンルの本を紹介しています。本が好きな方はぜひ読んでみてください。

書評記事一覧
1)角幡唯介|エベレストには登らない
2)菅俊一・高橋秀明|行動経済学まんが ヘンテコノミクス
3)中田敦彦|中田式ウルトラ・メンタル教本
4)戸田和幸|解説者の流儀
5)石川直樹|この星の光の地図を写す
6)岸見一郎|哲学人生問答
7)渡邊雄太|「好き」を力にする
8)高橋源一郎|ぼくらの文章教室
9)石川直樹|まれびと
10)堀江貴文|英語の多動力
11)森博嗣|作家の収支
12)鈴木敏夫|南の国のカンヤダ
13)森博嗣|森助教授VS理系大学生 臨機応答・変問自在
14)米沢敬|信じてみたい 幸せを招く世界のしるし←今回の記事
15)馳星周|馳星周の喰人魂
16)藤代冥砂|愛をこめて
17)佐藤優|人生のサバイバル力
18)せきしろ|1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった
19)服部文祥|息子と狩猟に
20)ブレイディみかこ|ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
21)河野啓|デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場
22)幡野広志|他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。
23)内山崇|宇宙飛行士選抜試験 ファイナリストの消えない記憶
24)近藤雄生|まだ見ぬあの地へ 旅すること、書くこと、生きること
25)岸田奈美|家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
26)玉樹真一郎|「ついやってしまう」体験のつくりかた
27)村本大輔|おれは無関心なあなたを傷つけたい
28)小松由佳|人間の土地へ
29)服部文祥|サバイバル家族
30)地上に星座をつくる|石川直樹
31)加藤亜由子|お一人さま逃亡温泉

【書評】「米沢敬|幸せを招く世界のしるし」とは?

幸せを招く世界のしるし|米沢敬


信じてみたい 幸せを招く世界のしるし

世界を旅するイラストブックシリーズとは?
創元社が出版している本の人気シリーズ。ことばとイラストで豊かな世界を教えてくれるシリーズで、他の著書として「翻訳できない世界のことば」、「誰も知らない世界のことわざ」、「なくなりそうな世界のことば」、などがある。
美しいイラストと知らなかった世界の言葉が合わさって、正に旅をするようなイラストブック。
https://www.sogensha.co.jp/special/sekaiwotabisuru/

僕は「誰も知らない世界のことわざ」と「なくなりそうな世界のことば」を持っている。

世界各国に伝わることわざや、古くからの言葉を、優しき魅惑的なイラストで紹介してくれる美しいシリーズで、とても気に入っている。

娘と一緒に読むこともあって、娘もその優しいイラストに引き込まれるのか、何度も読み返している。

今回は「幸せを招く世界のしるし」というタイトルで、幸福を呼ぶ前兆や習慣について書かれた本書を読んだ。

【書評】米沢敬|「信じてみたい 幸せを招く世界のしるし」に書かれた名言・名文を紹介する【世界を旅するイラストブックシリーズ】

僕は本を読んだら気になった文章をノートに書き記す習慣を、もう15年近く続けている。

【15年間実施してきた完全版】アウトプットするための言葉力を伸ばす読書術

インプットの吸収率が圧倒的に上がるし、なにより目に見える形で記録されていくことが自分の自信になる。

本書から気になった文章を紹介する。

茶柱が立つ(日本)
湯呑みの中に茶柱が立ったからといって、喜んですぐに飲んではいけません。
じっくりと、茶柱が倒れるのを待つように。倒れた方角から幸運はやって来ます。煎茶でも焙じ茶でも上等なものほど、茶柱が立ちにくいもの。

例えば、こんな感じ。
茶柱が立つっていうのは、有名な幸福のサインですよね。

こういう何気ない日常のサインの世界のバージョンです。

虫がとまる(バングラデシュ)
バングラデシュをはじめ、世界各地で虫がからだにとまるのはラッキーなサインだとされています。とくに欧米ではてんとう虫が吉兆。北欧では願いが叶う前触れ、中央ヨーロッパでは、女性の髪の毛に止まったら、その年のうちに結婚するとされています。

猫が顔を洗う(日本)
世界各地で、猫は天気用法をする動物とされています。
トルコでは猫がくしゃみをすると雨、欧米では伸びをするとやっぱり雨。東北地方では耳の上をなでると晴れるとされています。さらに猫が耳のうしろまで顔を洗うと、何かいいことが起こる前兆です。
両隣が同じ名前(トルコ)
パーティーや宴会では自分の両隣に誰が座るかはかなり重要。でも、好き嫌いよりも、その人の名前のほうがもっと重要です。両隣が同じ名前の人だったら、近々幸運が舞い込む前触れになります。

おもしろいですね。
世界の広さがこの本には詰まっているような感覚になります。

【書評】米沢敬|「信じてみたい 幸せを招く世界のしるし」を読んだ感想・まとめ【世界を旅するイラストブックシリーズ】

ずっと飾っておきたくなる本。
娘がもう少し大きくなって、なんとなく本棚に置かれているこのシリーズの本を読んでくれたら嬉しいですね。

ということで、本棚にそっと忍ばせておこうと思います。

この本の評価
面白さ
(4.0)
吸収できた言葉
(4.0)
デザインの美しさ
(4.5)
総合評価
(4.0)
書評記事一覧
1)角幡唯介|エベレストには登らない
2)菅俊一・高橋秀明|行動経済学まんが ヘンテコノミクス
3)中田敦彦|中田式ウルトラ・メンタル教本
4)戸田和幸|解説者の流儀
5)石川直樹|この星の光の地図を写す
6)岸見一郎|哲学人生問答
7)渡邊雄太|「好き」を力にする
8)高橋源一郎|ぼくらの文章教室←今回の記事
9)石川直樹|まれびと
10)堀江貴文|英語の多動力
11)森博嗣|作家の収支
12)鈴木敏夫|南の国のカンヤダ
13)森博嗣|森助教授VS理系大学生 臨機応答・変問自在
14)米沢敬|信じてみたい 幸せを招く世界のしるし←今回の記事
15)馳星周|馳星周の喰人魂
16)藤代冥砂|愛をこめて
17)佐藤優|人生のサバイバル力
18)せきしろ|1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった
19)服部文祥|息子と狩猟に
20)ブレイディみかこ|ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
21)河野啓|デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場
22)幡野広志|他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。
23)内山崇|宇宙飛行士選抜試験 ファイナリストの消えない記憶
24)近藤雄生|まだ見ぬあの地へ 旅すること、書くこと、生きること
25)岸田奈美|家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
26)玉樹真一郎|「ついやってしまう」体験のつくりかた
27)村本大輔|おれは無関心なあなたを傷つけたい
28)小松由佳|人間の土地へ
29)服部文祥|サバイバル家族
30)地上に星座をつくる|石川直樹
31)加藤亜由子|お一人さま逃亡温泉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です